ニップンは6月17日、家庭用パスタ・そば製品の価格を引き上げると発表した。原料の価格高騰を受けての対応。9月1日納品分から改定する。

 同社は値上げに踏み切る要因として、パスタの原料であるデュラム小麦や中国産玄そばの価格高騰と、物流費の上昇を挙げる。これらの価格変動について「企業努力だけでは吸収することが難しい状況となりました」と説明。一部製品を除く家庭用パスタは約2.5〜4.0%、そば製品は約2.5〜6.0%値上げする。

 同社は6月3日にも、家庭用小麦粉を約1.5〜4.0%、家庭用ミックスを約2.0〜3.0%値上げすると発表していた。輸入小麦の政府売渡価格が引き上げられ、資材費や物流費が上昇していることが理由と説明している。こちらは7月1日納品分からの改定とした。

 ニップンは「皆さまのご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます」とコメントしている。