ニトリホールディングスは6月30日、2022年2月期第1四半期(3〜5月)の連結決算を発表した。

 売上高は2154億円(前年同期比24.0%増)、営業利益は427億円(同15.0%増)、経常利益は434億円(同16.3%増)、純利益は291億円(同14.1%増)だった。

 ニトリ事業においては、顧客のニーズに合わせて「新生活の必需品」特集を通販Webサイトに掲載。家具・ホームファッション商品が好調に推移したため、EC事業の売上高は195億円(前年同期比15.9%増)となった。また、DX施策の中心的存在となるアプリ会員数は1005万人を突破。25年までに2500万人という目標達成に向け、引き続き注力していく。

 子会社化した島忠事業では、ホームセンター商材の園芸用品やグリーンなどが好調に推移した。