20代専門転職サイトを運営する学情(東京都中央区)は、20代のビジネスパーソンを対象に「夏の賞与」に関する調査を実施した。夏の賞与額の予想について、最も多かったのは「昨年と同水準になりそう」で34.2%だった。

 「減りそう」「やや減りそう」は22.9%、「支給されない予定」は12.9%だった。3割以上の20代が、「賞与額の減額」や「支給なし」を予想していた。一方、「まだ支給有無や支給額が分からない」人も15.5%を占め、「増えそう」と予想する20代は14.5%にとどまった。

 夏の賞与の使い道は、1位が「貯金」で62.1%、次いで「趣味」が25.8%、「買い物」が25.3%だった。「旅行」は7.0%にとどまった。「その他」は、奨学金の返済や投資、引っ越し費用などが挙げられた。

 賞与が想定より減ったらどう考えるか問うと、最も多かった回答は、「転職して年収を上げる」で37.9%だった。次いで「節約して支出を減らす」が34.3%、「副業で収入を増やす」が14.9%、「貯金する額を減らす」が12.9%と続いた。「転職して年収を上げる」と回答した20代からは、「賞与額はモチベーションに影響する」「もともと年収を上げたくて転職したので、年収が下がりそうであれば転職する」などの声が聞かれた。

 今回の調査は、20代専門転職サイト「Re就活」のサイト来訪者を対象に、インターネット上で実施した。期間は21年6月18日〜7月8日で、有効回答数は356人。