ビックカメラは7月30日、改装した「ビックカメラ池袋本店(2店舗)」と、地域の特性などに合わせて取り扱い商品を厳選した「ビックカメラ池袋SELECT」をオープンする。

 「ビックカメラ池袋 SELECT」は、2020年6月に開店した「六本木駅店」に続き4店舗目。地域の特性や環境にあわせて取り扱い商品を厳選した売り場を構成する。「Apple製品がワンストップでそろう」をコンセプトに、Apple製品のラインアップを充実させるほか、Apple製品の修理サービス(Apple 正規サービスプロバイダ)を用意し、関連商品とサービスをワンストップで提供する。

 また、高性能・多機能化、健康志向の高まりから注目が集まるスマートウォッチの取り扱いを充実させ、新たな情報発信基地として「体感・体験」ができる提案を行うとしている。

 「池袋本店」は、巣ごもり需要の高まりを受け、これまで2フロアで展開していた白物家電を中心とする家電コーナーを3.5フロアに拡大する。

 1階には携帯電話売り場を拡大して展開する。スマートフォンは、家電製品の中でも買い替えニーズが高く、求める用途やスペックが多様化している。また、各キャリアの新料金プランの発表も続いていることから、同店ではカウンターを増設し、お客のニーズに適した機種やプランの提案を行うとしている。

 「池袋本店パソコン館」は、「池袋カメラ・パソコン館」に名称を変更する。デジタルカメラは、高画質動画撮影のニーズの高まりを受け、PCとの親和性が高まっている。カメラが祖業である同社の強みと、PC専門館として展開してきた店舗のノウハウを統合し、動画や画像の編集といったお客の興味関心に対応する。

 また、テレワークやオンライン学習、GIGAスクールといった新たなニーズに対応するため、専門店ならではの展開を進めるとしている。