臨海副都心パレットタウン運営協議会は7月21日、東京都江東区の複合型施設「パレットタウン」の営業を2021年12月から順次終了すると発表した。同エリアの再開発に伴う措置。

 パレットタウンは1999年3月に臨海副都心エリアに誕生し、これまでに約4億人が来場した。中世ヨーロッパの雰囲気を演出した商業施設「VenusFort(ヴィーナスフォート)」や、モビリティの体験型テーマパーク「MEGA WEB(メガウェブ)」をはじめ、「パレットタウン大観覧車」「Zepp Tokyo」などの施設が集結し、複合型エンターテインメント施設として展開してきた。

 同協議会は「パレットタウンが位置する臨海副都心エリアは、日本の成長をけん引するエリアとなっていくことが見込まれる」とし、今後、事業区域の進出事業者であるトヨタ自動車と森ビルが新たな施設を企画・検討し、街づくりに取り組むとしている。

 各施設の営業終了日は、「MEGA WEB」が12月31日、「Zepp Tokyo」が22年1月1日、「VenusFort」が22年3月27日を予定。また、「パレットタウン大観覧車」と「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSONteamLab Borderless」は22年8月31日の営業終了を予定している。