社長の平均年齢が最も高いのは6年連続で高知県(64.61歳)――そんな結果が東京商工リサーチの調査で分かった。2位は秋田県(64.53歳)、3位は山形県(63.96歳)だった。

 社長の平均年齢が最も低かったのは広島県(61.23歳)だったが、初めて61歳を上回る結果に。

 全国の社長の平均年齢は62.49歳で、前年から0.33歳伸びた。これは、調査を開始した2009年以降、2番目に多い伸び率だ。平均年齢は15年には60.89歳だったので、右肩上がりで伸びている。同社は「社長の高齢化が進んでいる」としている。

 社長の年齢別に直近の企業業績を分析すると、30代以下では「増収」が54.23%と最も多く、年齢が上がるとその割合は低下する。

 70代以上は「赤字」や「連続赤字」の割合が、全年代で最も高かったため、同社は「社長の高齢化と業績不振には関連性がうかがわれる」としている。

●産業別の平均年齢は?

 産業別の社長の平均年齢を見ると不動産業(64.23歳)が最も高かった。最低は情報通信業(57.56歳)という結果に。

 業種別での平均年齢では、農協や漁協といった協同組合が67.37歳と最も高かった。一方、平均年齢が最も低い業種はインターネット附随サービス業で47.95歳だった。

 今回の調査は、東京商工リサーチの企業データベース(約400万社)から20年12月時点における代表者の年齢データを抽出して分析した。「社長」には、代表取締役だけでなく、個人事業主や理事長なども含む。