「UnionPay」を運営する銀聯国際日本支社(上海)は、中国・韓国・日本の20〜60代男女を対象に「現金とキャッシュレス決済に関する調査」を実施した。クレジットカードやQRコード決済など、各決済手段の保有について尋ねたところ、日本と韓国は「クレジットカード」が最も高く(日本90.0%、韓国83.0%)、中国は「スマートフォン決済(以下、スマホ決済)」(86.0%)が1位だった。

 保有率のランキングを決済手段別にみると、「クレジットカード」は日本と韓国が高く、中国は3位(60.0%)。「電子マネー」は、日本で2位だが(68.0%)、中国、韓国では4位(中国54.0%、韓国33.0%)だった。「スマホ決済」は、中国では1位だが、韓国、日本ではともに3位(韓国62.0%、日本54.0%)。「デビットカード」の所有率は、日本はわずか14.0%に対し、中国71.0%、韓国81.0%と、所有率に差が開いた。

 実店舗での支払いで、現金もしくはキャッシュレス決算を月にそれぞれいくら使用しているかを聞いたところ、日本の現金使用平均額は「2万663円」で、3カ国の中で最も多かった。次いで韓国が「9640円」、中国が「2848円」で、日本は中国の約7倍の現金を使用していることがうかがえた。

●どのような金額の時にそれぞれの決済方法を使用しているか?

 どのような金額の時にそれぞれの決済方法を使用しているかの問いに、スマホ決済の使用割合で「1000円未満」での使用は、日本が59.2%と最も高かった。(韓国50.0%、中国33.7%)。「1万円以上」の使用割合は、中国が34.9%に対し日本は1.9%で、日本では少額決済で、中国では金額に関係なくスマホ決済を使用している傾向があった。

 将来キャッシュレス化が進むと「不安を感じる」と回答した人に対し、「キャッシュレス化が進むことでの不安要素」を尋ねた。3カ国とも共通して「セキュリティが不安」が最も多く(全体67.4%、日本86.1%、中国58.1%、韓国50.0%)、日本が約9割と高い割合だった。

 2位は同率で「紛失・盗難が不安」(同43.8%、61.1%、29.0%、36.4%)と「お金を使っている感覚がなくなりそう」(同43.8%、41.7%、48.4%、40.9%)、3位は「残高やパスワードが管理しにくそう」(同40.4%、44.4%、32.3%、45.5%)だった。

 MMD研究所の調査によると、日本の18〜69歳の男女4万5000人にQRコード決済の認知・利用状況について聞いたところ、最も多かったのは「現在利用している」で33.3%、次いで「だいたいどんなものかわかるが、利用したことはない」で19.6%、「QRコード決済という言葉は聞いたことがあるが、サービス名称・内容はよく知らない」で14.6%だった。日本でのスマホ決済の普及率はいまだ高いとは言えず、今後の日本人の決済方法の選択に注目が集まる。

 調査は、中国・韓国・日本の20〜60代男女を対象に、インターネット上で実施した。期間は21年4月30日〜5月11日、有効回答数は300人。