ゆうちょ銀行は11月1日から、インターネットバンキングに限り振込手数料を一律165円に値下げする。従来は、5万円未満が220円、5万円以上が440円だった。他行は10月1日から改定するのがほとんどだが、「お客さまへの安定したサービスの提供に万全を尽くすため」11月からとした。

 銀行間の送金を担う全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)が、10月1日から送金手数料を引き下げることが背景にある。従来、3万円以上で162円だった手数料を、一律62円に引き下げる。銀行が全銀ネットに支払う手数料が引き下がることから、振込手数料自体を見直す動きが進んでいる。

 主な銀行およびネット銀行における、3万円以上のネットを使った他行宛て振り込みの10月からの手数料は以下のようになっている。

・三菱UFJ銀行 220円

・三井住友銀行 330円

・みずほ銀行  320円

・GMOあおぞらネット銀行 145円

・PayPay銀行 145円

・イオン銀行 110円

・ソニー銀行 110円

・auじぶん銀行 99円

・住信SBIネット銀行 88円