巣ごもり需要の拡大などを契機に、缶チューハイや、缶カクテルを手に取るようになった人も多いのではないか。サントリースピリッツが実施した調査によると、2020年のRTD(そのまますぐ飲める缶チューハイやハイボール缶など)市場は、対前年112%と過去最大の市場規模となった。21年も同112%とさらに拡大する見通しとしている。

 特にレモンRTD市場は、2年連続で対前年130%と市場をけん引しており、21年も拡大する見込みだ。サントリースピリッツは、レモンRTD市場拡大の原因を「甘くなく食事に合うことや、外飲みなどで飲用頻度が増加したこと」と分析している。

 酒文化研究所によると、1984年に登場した缶チューハイは、アルコール度数が7〜8%が主だったという。90年ごろになると、4〜5%の甘いタイプが誕生し、2000年以降は5〜7%の果汁感を前面に出したタイプが市場を拡大。以後、9%のストロング系が支持を集める一方で、4%以下の低アルコールタイプも定着し現在に至っている。

 今では各企業がさまざまなフレーバーやアルコール度数の商品を展開しているが、消費者は何を重視して商品を選んでいるのだろうか。酒文化研究所が週に2〜3日以上飲酒する男女101人を対象に調査を行った。

 まず、購入時に「アルコール度数」を確認しているか尋ねた。その結果、58%が「必ず確認する」、23%が「時々確認する」と回答。あわせて約8割がチェックしていることが分かった。

 次に重視することを聞いてみると、「果汁感が強いこと」が50%で最多となった。次いで「甘くないこと」(48%)、「アルコール度数が高いこと」(35%)、「サイズ」(28%)、「糖質やカロリーの含有量」(25%)、「メーカー」「ブランド」(いずれも19%)と続いた。

●350ミリの缶チューハイで許容できる価格は?

 350ミリリットルの缶チューハイで許容する価格幅はどのくらいか聞いたところ、「110〜150円」が40%と最多で、続いて「150〜200円」(24%)となった。200円までならば許容するユーザーが多いことが見て取れる。

 近年に発売された商品を例示して、認知度を調査した。その結果「ノンアルコールのチューハイ」が60%で最も多く、次いで「スコッチのハイボール」(45%)、「バーボンのハイボール」(43%)と続いた。

 ノンアルコールチューハイの認知率は60%に上った。酒文化研究所は、健康意識への高まりから今後も伸びると予想している。その他、焼酎ベースのハイボールも増えているが認知率は20%台と、浸透するまでにはしばらく時間がかかりそうだ。

 調査は、週に2〜3日以上飲酒する男女101人を対象に、インターネットで実施した。調査期間は7月27日〜8月2日。