ソニー損害保険(ソニー損保)が、自家用車を所有し、月に1回以上車を運転する18〜59歳の男女1000人を対象に「全国カーライフ実態調査」を実施した。その結果、次に買い替える時に購入したい車は、2年連続でホンダの「N-BOX」が1位となった。

 主に運転している車のボディータイプを聞いたところ、「軽自動車」が41.3%で最多、次いで「コンパクトカー」(16.3%)、「ミニバン」(13.8%)、「セダン」(9.7%)、「SUV・クロカン」(8.0%)、「ステーションワゴン」(7.7%)と続いた。

 男女別にみると、女性では「軽自動車」が52.8%と半数を超え、特に10代・20代女性は62.4%と、他の層と比べて高くなった。小回りが利く点や維持費の安さを評価している若年女性ドライバーが多いことが見てとれる。

 前回の調査結果と比較すると、20年の37.4%から21年41.3%と上昇した一方、「コンパクトカー」は19.5%から16.3%と下降した。

 主に運転している車のエンジンタイプを尋ねた。その結果「ガソリン自動車」(80.1%)との回答が最も多く、次いで「ハイブリッド自動車(HV)」(13.2%)、「クリーンディーゼル自動車(CDV)」(3.2%)と続いた。

 次に購入したい車のエンジンタイプについても、「ガソリン自動車」が42.7%で最多となり、次いで「ハイブリッド自動車(HV)」(34.8%)となった。

 車を買い替える時に最も購入したいと思う車(車種)に対する質問では、1位がホンダの「N-BOX」(5.1%)、2位ダイハツ「タント」(3.3%)となり、TOP2が軽自動車となった。N-BOXは男女ともに1位で、全体でも2年連続の首位となった。タントは昨年8位から2位へと順位を上げ、軽自動車人気を示した。

 その他、全体では3位がトヨタ「アクア」(2.9%)、4位トヨタ「アルファード」「プリウス」(いずれも2.4%)、6位ホンダ「ステップ ワゴン」(2.2%)と続いた。

 調査は、自家用車を所有し月に1回以上車を運転する18〜59歳の男女1000人を対象にインターネットで実施した。調査期間は7月5〜8日。