炭酸水を選ぶ時に最も重視する点は「味、飲み口」――そんな結果が、インターネットリサーチを手掛けるマイボイスコム(東京都千代田区)の「炭酸水」に関する調査で分かった。同調査は今回で2回目。

 直近1年間に炭酸水を飲んだ人にどのような時に飲むか聞いたところ、最も多かったのは「のどが渇いたとき」が35.9%、次いで「お風呂あがり」で29.1%、「スッキリしたいとき」24.8%だった。「スッキリしたいとき」「のどが渇いたとき」「暑いとき」は女性、「刺激が欲しいとき」は30代で比率が高かった。

 炭酸が入った飲料(炭酸水、炭酸飲料)が好きかの問いに、「好き」と答えた人は35.2%、「まあ好き」は32.5%と、炭酸が入った飲料が好きな人は7割弱もいた。男性40代では8割弱と特に高く、好きではないと答えた人は約2割で、女性10〜30代や60〜70代でやや高かった。

 炭酸が入った飲料で普段よく飲むものを尋ねた。1位は「コーラ炭酸飲料」が39.6%、次いで「炭酸水(水+炭酸)」が32.6%、「透明炭酸飲料(香り・フレーバーつき)」が32.3%だった。

 「コーラ炭酸飲料」は男性10〜40代で5割強と女性より高く、男女差が大きかった。男性10〜40代では「エナジードリンク、炭酸入りの栄養ドリンク」などの比率が高く、「果汁系炭酸飲料・果実着色炭酸飲料(オレンジ、レモン、ぶどうなど)」は若年層での比率が高い傾向が見られた。

 直近1年間にどのくらいの頻度で炭酸水を飲んだか尋ねた。「週1回以上」の飲用者は33.7%、「週に2〜3回程度」が11.4%、「週に4〜5回程度」が5.7%、「ほぼ毎日」が6.4%だった。

 市販の炭酸水を選ぶ際に重視する点は何か聞いたところ、最も多かったのは「味、飲み口」で42.1%、次いで「価格」が41.7%、「強炭酸」が27.6%、「商品ブランド」「メーカー名」「飲み慣れている」が2割前後だった。2018年調査と比べ「強炭酸」の割合がやや増えていて、炭酸水が好きな層や飲用頻度が高い層では、「強炭酸」の比率が高い傾向が見られた。

 炭酸水の飲用意向者は、「飲みたい」「まあ飲みたい」を合わせて5割弱だった。週2〜3回以上飲用者では8〜9割、月1回以下飲用者では約46%、飲用未経験者では約3%で、非飲用意向者は3割強、女性10・20代で高い傾向があった。

 アサヒ飲料によると、代表的な炭酸水ブランドの「ウィルキンソンタンサン」が13年連続で過去最高の販売数量を更新している。コロナ禍における巣ごもり需要により、直接飲用やお酒の割り材として購入機会が増加したようだ。長引くコロナ禍で、炭酸水の需要はさらに伸びるのか、今後も注視される。

 今回の調査は、「MyVoice」のアンケートモニターを対象に、インターネットで実施した。期間は21年8月1〜5日、有効回答数は1万72人。