丸亀製麺は、運営する「丸亀製麺」のテークアウトサービス「丸亀うどん弁当」が発売4カ月で1000万食を突破したと発表した。

 丸亀製麺は全国に852店舗を運営する讃岐うどん専門店。コロナ禍で来店客が減少したことを機に、2020年5月からうどん持ち帰りサービスを開始。21年4月に「丸亀うどん弁当」が誕生した。

 うどん弁当は、季節ごとの期間限定商品を含め常時4種類程度を展開する。通常のテークアウトは店舗と同様に、うどんと天ぷらを分けて提供していた。一方、「丸亀うどん弁当」では容器にうどん、天ぷら、卵焼きときんぴらごぼうをセットで盛り付けた。

 同社の広報担当者は「コロナ禍で食事のスタイルは大きく変わりました。時間・場所の制約がなくなり、外食・中食・内食の垣根も低くなっています。打ちたてのうどんをどこでも簡単に食べていただきたく、弁当スタイルを採用しました」と説明した。また、丸亀うどん弁当は全店で対応しているという。

 丸亀うどん弁当の特徴はそれだけではない。「弁当」というと作り置きのイメージがあるかもしれないが、店舗で食べるのと同じクオリティを担保するよう注文が入ってから手作りしているのだ。

●一番人気の商品は?

 一番人気の商品は「2種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」(390円)と「3種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」(490円)。丸亀うどん弁当はランチ時間帯の購入が最も多く、オフィス以外でも自宅で食べるために購入する人もいるという。

 丸亀製麺の親会社、トリドールホールディングスの22年3月期第1四半期の決算資料によると、うどん弁当の販売好調に伴い、テークアウト比率が上昇している。20年4月1日〜21年3月31日の前期通期平均値(売り上げ構成比13.4%)と比較して、21年4月(同19.6%)、5月(同26.7%)、6月(同25.0%)の売り上げ構成比がそれぞれ約10%伸長し、テークアウトのみで62億円の売り上げを記録した。

 東京商工リサーチの調査によると、新型コロナウイルス関連の企業破綻は21年9月2日の時点で2027件に上り、飲食業が最多だという。飲食業は来店客の減少や休業要請などで打撃を受けており、今後はテークアウトが企業存続の鍵を握っているといえるだろう。

 同社も21年6月にテイクアウト推進事業部を立ち上げ、より一層テークアウト事業に力を入れていく方針を示している。