新型コロナウイルスの感染拡大が猛威を振るう中、思うように遠方に移動できない日々が続いている。ワクチン接種済みであっても全体的な制度設計は進んでおらず、長距離の移動が難しい状況だ。経済活動の本格的な再開にはまだ程遠い。

 特に飲食・観光業への影響は大きい。かつてビジネスパーソンだけでなく、多くの観光客でにぎわっていた東京駅八重洲口にある「東京ラーメンストリート」もその一つだ。東京ラーメンストリートは2009年に東京駅の観光スポットの目玉として、東京を中心とした有名ラーメン店を一堂に集めたもの。以前は「2時間待ち」の店も多かったが、コロナ禍の現在では、さほど並ばずに入れる状況が続いている。

 この厳しい状況は統計にも現れている。帝国データバンクの調査によると、20年のラーメン店の倒産件数は46件。19年の36件を上回り過去最多を更新した。倒産が年間40件を超えたのは調査開始以降初めてのことだ。

 そんな中、東京ラーメンストリートを管理するJR東海グループの東京ステーション開発は発想を転換し、地方に行けない首都圏在住者に向けたプロジェクトを展開した。全国のラーメンの名店を期間限定で東京ラーメンストリートに出店する「ご当地ラーメンチャレンジ by 東京ラーメンストリート」という企画だ。

 約3カ月ごとに1店舗ずつ店が入れ替わり、第7弾まで予定されている。第1弾は横浜市の戸塚に本店を構える有名店「支那そばや」。TBSの番組「ガチンコ!」をはじめ数多くのメディアに出演し、「ラーメンの鬼」という異名を持つ佐野実さんが創業したしょうゆラーメンの名店だ。「支那そばや」は11月4日まで出店する。

 いったいどのような狙いでこのような事業を展開したのか、東京ステーション開発営業開発部の笠井俊亮さんに戦略を聞いた。

●「支那そばや」のホスピタリティに心動かされた

――今回の「ご当地ラーメンチャレンジ by 東京ラーメンストリート」という企画は、どういう経緯で実現したのでしょうか。

 コロナ禍で外出の制限があり、本当は旅行に行きたくてもいけないお客さまの声や、首都圏にお住まいの方でも「地方のおいしいものを食べたい」といった声がありました。そこで考え出えたのが、逆に遠方にあるラーメンの名店に東京へ出店してもらおうという企画です。既に東京ラーメンストリートにはオフィスワーカーなど地元・東京在住で根強いファンの方々がいらっしゃいます。こうしたターゲットに向け、東京にはない味を楽しんでいただければなという思いで立ち上げました。

――第1弾として、横浜市戸塚区にあるしょうゆラーメンの名店「支那そばや」に白羽の矢を立てましたが、どういった理由からだったのでしょうか。

 実際、お店にうかがったところ、味はもちろん美味(おい)しいという点に加え、お客さまをもてなすホスピタリティに心を打たれました。お店ののれんを掛けた姿を見た瞬間スタッフにスイッチが入って、一人一人丁寧に接客されている姿ですとか、本当にほこり一つないんじゃないかというぐらい店内もきれいにされています。

 さらに、食べ終わって帰るとき、スタッフの方がお忙しい厨房の中から顔を上げて「ありがとうございました」とあいさつをしてくれました。お客さまを迎え入れてから帰るまでの一連の美しさにひかれましたね。東京駅というターミナル駅でも、この変わらないおもてなしをしていただけたらどんなにお客さまが喜ぶだろうと考えました。

 また、「支那そばや」初代店主の佐野実氏をはじめ、ラーメン史を語る上で欠かすことができない名店というのも理由としてありました。第7弾までやる中で、第1弾にふさわしいお店として、「支那そばや」さんでスタートを切ろうと前島社長にもご提案いただきこの形にたどりつきました。

●人気ラーメン店「せたが屋」前島社長と協働

――その土地では伝統の味を出せるラーメンも、東京駅に場所が変われば味の再現など難しい点もあるかと思います。どういう点に注意されたのでしょうか。

 東京駅でお店の営業を始めるにあたり、何を搬入するか、その味を再現するにあたって何が必要か――。その点は、東京を代表する人気ラーメン店で、東京ラーメンストリートにもご出店いただいている「せたが屋」の前島司社長のご協力をいただきながら、三者で進めています。

 これまでご出店いただいている店舗さまとは異なり、商業施設に出店の経験がない店舗さまも多いので、どうすれば本店の味を東京駅でも再現できるかというところには細心の注意を払っています。

――東京ラーメンストリートと、「せたが屋」とはどのようなつながりなのでしょうか。

 「せたが屋」さんは、「ひるがお」という塩ラーメンのお店を東京ラーメンストリートの開業時から、その後「俺式 純」という豚骨ラーメンのお店とあわせて2店舗を出店いただいています。2009年から12年以上にわたってラーメンストリートを一緒に盛り上げてくださっています。

●自分の足で食べ歩くことも大事

――お店の選定にあたって、「せたが屋」の前島社長はどのように関わっているのでしょうか。

 実際のリーシングから店舗の営業準備まで、多大なご協力をいただいております。

 お店を選ぶにあたっては、われわれから「こんなお店が東京駅にあったら」とご提案し、前島さまからは「ここのお店がいいだろう」と推薦をいただきながら、ディスカッションしています。最終的には、実際にお店に食べに行ったり、店内の様子を見たりしながら一緒に決定しています。私自身、自分の足で食べ歩くことも大事にしています。

――第1弾は神奈川県を代表する名店「支那そばや」ですが、第2弾以降はどのように考えているのでしょうか。

 11月4日までは「支那そばや」さん、第2弾は、熊本を代表する豚骨ラーメンの名店が出店する予定です。第7弾まで約3カ月ごとに入れ替わりながらですけど、走り抜けていきます。

(フリーライター河嶌太郎、アイティメディア今野大一)