リクルートは東京都在住の会社員に対し、「地方移住および多拠点居住の考え方についての調査」を実施した。その結果、回答者の46.6%が地方や郊外への移住に興味があることが分かった。

 まず地方や郊外への移住に興味があるか尋ねたところ、46.6%の人が「興味がある」(「とても興味がある」11.5%、「興味がある」35.1%)と回答した。

 「興味がある」と回答した人の中では年代間の回答傾向に大きな差異はなく、年代の違いにかかわらず、一定数の人が都内から地方や郊外への移住に関心があることが分かった。

 また「興味がある」と回答した人が想定している都心までの所要時間は「1時間から2時間」(43.3%)が最も多く、「1時間程度以内」(31.8%)、「2時間以上」(15.6%)と続いた。

 次に地方移住に興味がある人に、検討のきっかけと新型コロナウイルスの感染拡大との関係を聞いた。結果は「新型コロナの影響で、テレワークなどの柔軟な働き方が可能になったため、地方や郊外への移住に興味をもった」(43.4%)という回答が最も多く、時間や場所を選ばない働き方の浸透が、人々の住まいへの意識に影響したものと考えられる。

●地方や郊外への移住の実現時期と取組み内容

 次いで、地方や郊外への移住に興味がある人に、具体的な実現時期と現在の取り組み内容を聞いた。実現時期について最も多かった回答は「時期はわからないが将来的に実現したい」(46.5%)で、「すぐに」「1年以内」「3年以内」などの具体的な時期を回答した人は35.6%にとどまった。また「実現したいとまでは思っていない」(17.9%)と回答した人も見られた。

 具体的な取り組みについては、「すでに移住先が確定して手続きを進めている」「実際に居住候補の地域を訪れている」が15.0%、「情報収集を進めている」が26.6%、「まだ具体的に実施していることはない」が58.5%だった。

 最後に、地方や郊外への移住を検討するにあたっての不安や心配事を尋ねたところ、「仕事面」(64.0%)が最も多かった。続いて「経済面」(56.7%)、「環境面」(47.6%)、「住宅面」(42.2%)という結果になった。

 移住を検討するにあたって、現実的にネックになっていることや障壁になっていることについては「完全テレワークでないと、近郊しか移住先として考えられない」「仕事は基本リモートだが、出社も月に何度かしないといけないので不安」「車を持っていないが、地方は車が必須なイメージがあるため車なしでも生活出来るのかわからない」といったコメントがあった。

 調査は8月10〜18日の間に実施し、東京都在住の20歳〜59歳の会社員2479人から回答を得た。