求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、転職経験者を対象に実施した「転職で役立ったスキルに関する意識調査」の結果を発表した。転職で役立ったスキルは何か聞いたところ、最も多かったのは「OAスキル」(127人)だった。

 2位は「コミュニケーションスキル」(70人)、3位は「語学スキル」(54人)、4位は「経理系資格・スキル」(48人)、5位は「クリエイティブ系スキル」(32人)だった。

 1位の「OAスキル」と回答した人からは、「PCの入力、作成などのスキル。接客業から事務職への転職が有利にできた」(24歳で転職した女性)、「ExcelとPower Pointの実務経験。集計業務と部内調整業務がメインだったのでExcelもPower Pointも即戦力になると認められた」(37歳で転職した女性)といったコメントが寄せられた。

 実務経験だけではなく、「Microsoft Office Specialist」など、OAスキルに関する資格をとった人もいた。「面接でWord・Excel・Power Pointの資格を評価され、採用してもらえることが多かった」という体験談も寄せられた。

 2位の「コミュニケーションスキル」と回答した人からは、「スーパーに転職をしてパートの人とコミュニケーションをとって仲良くなり、仕事が円滑に進むようになった」(28歳で転職した男性)、「実際の面接では専門スキルよりコミュニケーションスキルが評価されていた」(35歳で転職した男性)という意見があった。

 3位の「語学スキル」については、「出産育児によるブランク後に派遣会社で仕事を探したとき、TOEICが830点だったので、英語を使う仕事の紹介につながった」(42歳で転職した女性)や、「社内の外国人と英会話でコミュニケーションするのに役立った」(31歳で転職した男性)といった声が聞かれた。

●スキルアップのためにしたことは?

 次に、「スキルアップのためにしたことを教えてください」と質問したところ、1位は「自分で勉強」(127人)、次いで2位は「スクール・学校に通う」(70人)、3位は「仕事の中で身についた」(54人)だった。

 1位の「自分で勉強」と答えた人は、「自分の役に立ちそうなビジネス本などがあれば読んで、やれることからひとつずつ実践した」(25歳で転職した女性)、「OAスキルについて最低限の資格は取得済だが、忘れている機能や知らない機能も多々あったため勉強した」(32歳で転職した女性)という声が聞かれた。

 具体的な方法としては「参考書・問題集で勉強」「動画を見る」「分からない用語などをネットで調べる」などが挙がった。「毎日30分でもいいので、仕訳問題を解く」「中国語は通勤の際にラジオや教材をリスニング」など、スキマ時間を活用して勉強していた人もいた。

 今回の調査は、転職経験者を対象にインターネットで行った。期間は2021年7月28日〜8月10日、有効回答数は500人(女性291人、男性209人)。