10月に全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)が銀行間手数料を引き下げることを受けて、各銀行で振込手数料引き下げの動きが進んでいる。特にネット銀行においては、「最安」の座を巡って最後まで値下げ競争が続いている。

 9月30日、住信SBIネット銀行はこれまで88円としてきた10月からの振込手数料を、さらに値下げして77円とした。これはGMOあおぞらネット銀行が当初の145円から86円まで値下げしたことへの対抗措置と見られる。

 これを受けてか、GMOあおぞらネット銀行はさらに値下げ。9月30日に75円まで振込手数料を引き下げた。同社は「業界最安値水準」での提供を目指すとしており、最安値の座を守ったかっこうだ。

 現時点での主な銀行、ネット銀行の10月からのネットを使った個人口座での振込手数料は以下の通り。ネット銀行大手の楽天銀行、PayPay銀行は手数料競争には乗らず、引き下げ後は145円とした。また、新生銀行は利用状況によって変わる最高ランクの顧客には75円まで手数料を下げている。

・三菱UFJ銀行 220円

・三井住友銀行 330円

・みずほ銀行  320円

・新生銀行 214円〜75円

・ゆうちょ銀行 165円

・PayPay銀行 145円

・楽天銀行 145円

・イオン銀行 110円

・ソニー銀行 110円

・auじぶん銀行 99円

・住信SBIネット銀行 77円

・GMOあおぞらネット銀行 75円