ワークマンは10月15日、「#ワークマン女子」を東京都墨田区の商業施設「アルカキット錦糸町」に開店する。初めて都内繁華街への出店となる。SNSとリアルの一体化を図るため、Z世代の日本大学商学部の学生とコラボレーションし「インスタ映え」するフォトスポットを設け、集客へつなげる狙い。

 店舗面積は100坪と広くはないが、坪効率の良いモールの3階に出店するため、旗艦店として全国924店中で1位の年間6億円の売り上げを狙う。

 売り場の構成は、女性専用売場が2割、男女兼用が6割、男性専用が2割で、作業服と作業用品は扱わない。女性客の中には配偶者や子ども用の製品を代理で購入することが多いため、看板は「女子店」だが、実際は女性向け商品が60%、男性向けが40%になる見込み。

 先行した「#ワークマン女子」のショッピングモール5店舗は、東京、神奈川、大阪の主要駅の駅前にあり、全店が好業績をあげている。同社は、首都圏と関西圏の主要駅の駅前や駅近に、モール店を今後10店程度出店していく予定。都会のモール店で知名度を上げ、路面店は今後10年で400店を全国展開する狙い。

 店内には、商品を着てSNSで発信ができるフォトスポットスポットを多数を設置する。

 Z世代である日本大学商学部の学生とコラボレーションし、「これは何だ?」と思わせる仕掛けのアイデアで、思わず写真を撮りたくなるようなフォトスポットを設置する。

 インスタグラム用の仕掛けをたくさん用意した「#ワークマン女子」1号店の桜木町コレットマーレ店(横浜市)のインスタ投稿率は6%で、同業態でトップの繁盛店となった。アルカキット錦糸町店ではSNS投稿率5%を目指す。