oricon ME(東京都港区)が実施した顧客満足度調査によると、Web会議ツールで最も満足度が高いのは「Zoom Meetings(Zoom)」で、ビジネスチャットツールでは「Google Chat」がトップだった。

 Web会議ツールは、総合得点70.2点でZoomが2年連続の総合1位を獲得した。評価項目別では「ツールの使いやすさ」(69.9点)、「音声・ビデオ機能の充実さ」(70.9点)、「カスタマイズ設定の分かりやすさ」(66.0点)のほか、「導入のしやすさ」(74.8点)でもトップだった。

 利用者からは「使い方が分かりやすく、ツール導入がスムーズだった」(20代・男性)、「アプリを入れていない人にも、招待を送ればすぐ参加できる点が良かった」(20代・女性)という声があった。

 総合ランキングの2位は「Google Meet」(69.6点)、3位は「Cisco Webex」「Microsoft Teams」(いずれも67.5点)と続いた。

●ビジネスチャットツール総合1位は「Google Chat」

 ビジネスチャットツールでは、総合得点68.7点で「Google Chat」が総合1位を獲得した。

 評価項目別「ツールの使いやすさ」(70.0点)、「機能の充実さ」(67.8点)、「カスタマイズ設定の分かりやすさ」(63.7点)の全3項目のほか、企業規模別「中小企業」「中堅企業」「大企業」、業種別「卸売・小売」、職種別「営業」「接客・販売」でも1位に。

 ユーザー別の「導入決定・管理ユーザー」ランキングでは、同ランキング中最も高い76.8点で1位の評価を得た。

 利用者からは、「PDFが共有しやすい」(20代・女性/医療・介護業)、「シンプルで見やすい」(20代・女性/サービス業)、「Gmailと同じ画面でチャットできる点が良い」(30代・男性/IT系)との声があった。

 本調査はビジネスシーンで、3カ月以上かつ週1日以上Web会議ツールを利用している全国の18〜69歳を対象に、2021年6月上旬〜中旬にかけて実施。対象人数はWeb会議ツールは3671人、ビジネスチャットツールでは4237人だった。