日本電子決済推進機構(東京都千代田区)は10月5日、2019年10月より開始した「Bank Pay」(バンクペイ)の取り扱い金融機関が33行、利用可能な加盟店が13万カ所以上に拡大したと発表した。また、取り扱い金融機関については21年中に127行を予定しており、Bank Payの本格始動により今後さらなる利用シーンでの拡大を目指す。

 Bank Payは、全国の金融機関が加盟する同機構が運営する、銀行口座から直接支払いができるスマホ決済サービス。コンビニをはじめ全国チェーンの大手加盟店でも利用できる。

 また、小売や外食チェーンなど企業が開発提供するオリジナルのスマホアプリにBank Payの決済機能を取り込むことにより、口座から即時引落しでの支払いやチャージが可能となり、店頭やECサイトでの決済に利用できる。

 同アプリは、セキュリティ強化の一環として本人確認機能を追加している。今後も請求書払い機能など引き続き利用者への利便性向上に向け機能追加を進めていくとしている。