求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、転職経験のある男女500人を対象に「転職するなら都心と地方どちらがいいか」に関するアンケートを実施した。その結果、都心に転職したいが53%とわずかに上回った。 

 「都心に転職したい」と回答した人に理由を聞いたところ、1位は「求人が豊富だから」(105人)、次いで2位は「交通が便利だから」(78人)、3位は「生活しやすいから」(57人)、4位は「給料が高いから」(45人)、5位は「プライベートが充実するから」(35人)だった。

 1位の「求人が豊富だから」と回答した人からは、「都心だと求人が多く、自分のやりたいことを仕事にできるのではと感じます」(20代女性)、「希望する職種は都心にしかないから」(50代男性)といった声が聞かれた。

 2位の「交通が便利だから」と回答した人からは、「交通の便がいいので通勤しやすい」(30代女性)、「電車通勤したいので、電車の本数が多くて通勤に便利な都心がよい」(50代男性)というコメントが寄せられた。

 3位の「生活しやすいから」については、「食事や買い物が便利なので。田舎の職場ではコンビニまで15分ぐらい歩く必要があった」(30代男性)、「都会の方が生活しやすい環境だから。仕事をリタイアしたら、田舎暮らしもいいと思う」(40代女性)という意見があった。

●地方に転職したい理由は?

 一方、地方に転職したいと回答した人に理由を尋ねてみると、1位は「心にゆとりが持てるから」(60人)、次いで2位は「通勤が楽だから」(53人)、3位は「生活費が安いから」(48人)、4位は「人が少ないから」(44人)、5位は「地方出身・在住だから」(35人)となった。

 1位の「心にゆとりが持てるから」と回答した人からは、「地方転職を希望する理由は、ストレスフリーな生活を実現したいからです」(20代女性)、「静かな落ち着いた場所で仕事してみたいです。騒がしい街中は疲れがたまります」(30代男性)という意見があった。

 2位の「通勤が楽だから」では、「満員電車とは無縁ですので通勤が楽です」(40代男性)、「車通勤したいので。地方は車通勤可能なところが多そう」(50代女性)というコメントが寄せられた。

 3位の「生活費が安いから」については、「都心よりは家賃を安くおさえられる」(20代男性)、「物価の違いで、お財布にも多少余裕が生まれると思います」(40代女性)という声が聞かれた。

 都心では「通勤ラッシュがある」が「生活が便利」、地方では「都心に比べ給料が安い」が「心にゆとりが持てる」など、それぞれにメリットとデメリットを感じている人が多いようだ。

 今回の調査は、転職経験のある人を対象にインターネットで実施した。期間は21年8月12〜13日、有効回答数は500人(女性317人、男性183人)。