10月7日午後10時41分頃に発生した千葉県北西部を震源とする強い地震の影響で、首都圏の交通機関のダイヤに乱れが出ている。地震発生から1日経過した翌8日になっても一部交通機関でダイヤ乱れが残っており、その影響が通勤ラッシュを直撃。遅延証明書を求める声がTwitterなどで出ている。

 駅構内での紙の遅延証明書に加え、各社は自社の公式Webサイトで遅延証明書を発行している。多くの鉄道会社が過去約1カ月間の遅延証明書を掲出している一方で、小田急電鉄のように7日分しか掲出していないケースもあるなど、違いがあることも分かった。

 首都圏の JRや主要私鉄の遅延証明書発行の専用ページをまとめた。

●JR東日本

 遅延証明書の専用ページで過去45日分を取得可能。山手線、東海道線、中央快速線など路線別に遅延状況を表示している。在来線の普通列車が対象。Webブラウザの印刷機能を使って、出力する。相模線、青梅線(青梅〜奥多摩)のユーザーはJR東日本の別サイト「どこトレ」(PC版のみ)で取得できる。

●東京メトロ

 専用ページで路線別に取得可能。専用ページでは丸の内線、銀座線など全8路線で過去35日分を提供している。路線と日時を選択すると、印刷用ページが表示される。

●東急電鉄

 専用ページで路線別に取得できる。東横線や田園都市線のような主要路線に加え、東急多摩川線やこどもの国線も含めた8路線で提供。提供期間は過去1ヶ月分。路線と日付を選択すると印刷専用のページが表示される。

●京王電鉄

 京王線と井の頭線の2路線を対象に専用ページで取得できる。提供期間は過去31日間。日時と路線を選択すると、印刷用ページが表示される。

●西武鉄道

 池袋線、新宿線、多摩川線の3路線を対象に、専用ページで取得できる。提供期間は過去35日分。日時と路線を選択し、出力する。メールで遅延証明書の情報を送信することも可能。

●小田急電鉄

 専用サイトで、上り(新宿方面)、下り(小田原・片瀬江ノ島・唐木田方面)をそれぞれ取得可能。一部駅では、IC専用の自動改札機(出口側)でも遅延証明書を発行しているという。ただ、他の主要路線と異なり、提供期間が過去7日分と短いため、注意が必要だ。

●京浜急行電鉄

 専用ページで、取得可能。品川〜横浜、横浜以南、空港線内と路線を3つに分けて、発行している。提供期間は過去31日分。日時を選択し、出力する。大師線内(京急川崎〜小島新田駅間)の証明書発行には、駅係員に申し出が必要だという。京急線専用アプリからも確認できる。

●京成電鉄

 専用ページで、京成本線(京成上野〜成田空港)、押上線(押上〜青砥〜京成高砂)などを路線別に提供する。提供期間は過去35日分。北総線区間(京成高砂〜印旛日本医大)の遅延証明書については、北総鉄道の専用ページで、過去7日分を発行できる。

 事故や災害などで電車が遅延した際は、各リンク先で遅延証明書を発行した上で、上司や労務担当者などに事情を説明するといいだろう。