かつ丼「かつや」、から揚げ「からやま」を展開するアークランドサービスホールディングスの業績が、コロナ禍においても好調だ。

 2020年12月期連結決算は、売上高386億3400万円(前年同期比15.9%増)、経常利益48億6800万円(同7.3%増)で、環境が厳しい外食業界では数少ない増収・経常増益の決算となった(ただし最終利益は、減損損失などのため7.0%の減益)。経常は19期連続の最高益更新となった。

 直近の通期決算で増収増益となった外食企業は、日本マクドナルドホールディングス、モスフードサービス、日本KFCホールディングスくらいしかない。

 21年12月期第2四半期(1〜6月)の決算も、売上高211億6500万円(同26.8%増)と引き続き好調をキープ。経常利益も39億6600万円(同94.8%増)を計上している。

 今年に入ってから、かつや既存店売上高(1〜9月)も2.2%増となっていて、東京をはじめとする大都市圏でずっと時短営業を強いられていることを考慮すれば、全社的にも既存店ベースでも不利を克服して成長していて、目覚ましい業績を上げている。

 主力のかつやで店内飲食が不振に陥る一方で、テークアウト専門の「全力飯弁当」を20年4月に発売するなど持ち帰りメニューを強化。テークアウトの比率がコロナ前の35%から50%に高まったことが好調の背景として挙げられる。ちなみに、マクドナルド、モス、KFCのテークアウト比率は7割を超えており、かつやは店内飲食が多いことが分かる。

 また、から揚げの市場が伸びているので、テークアウト専門の「からあげ縁(ゆかり)」の出店を加速。19年末には22店だったのが、20年末には30店、21年10月10日現在で48店にまで増えた。

 このようなテークアウト強化策に加えて、和風パスタのファストフード「東京たらこスパゲティ」、とろろそば専門店「東京とろろそば」など、街の話題となる新業態を連発。かつや、からやまに続くヒット業態の開発を、コロナ禍でも手を緩めることなく、むしろ積極的に行っている。

 アークランドサービスが新型コロナウイルス感染症と共生する、「新しい生活スタイル」にいかに対応したかをまとめてみた。

●和風ファストフードのパイオニア

 アークランドサービスの主力業態はもちろんかつや。かつ丼、とんかつをクイックかつ安価で提供する和風ファストフードのパイオニアだ。1998年に1号店を神奈川県相模原市にオープンして以来、全国に429店(21年10月10日現在)を展開する。19年12月末の店舗数は406店だったので、23店増えている。

 人気メニューの1位は「カツ丼(梅)」(539円)、2位は「ロースカツ定食」(759円)。一度利用すれば100円引きの紙のクーポン券が配られる。そのため、利用期限はあるが、頻繁に利用する人ならばほぼ無限に定価より100円安く食事ができるようにしている。

 しかし、かつやといえども、喫茶やラーメン、牛丼などと同じく「都市部の駅前立地は厳しい」(同社・広報)現状であり、地方のロードサイド店を強化している。例えば、9月10日にオープンした滝川店は、北海道滝川市の国道12号線ロードサイドにあり、席数38席に対して、20台の駐車場を備える。

 出店に際しては、顧客が店内飲食を控える傾向が続いているので、周囲の地域に「テークアウトできる」旨を記載した新聞の折り込みチラシを配布している。

 従来、かつやのメインの顧客は車で来店する1〜2人の40代男性だった。しかし、テークアウトでは家族分を買って帰る主婦が増えた。その結果、客数が減っても、それ以上に客単価が上がる傾向が出ている。1〜9月の既存店客数が3.7%減に対して、既存店客単価は6.1%増となっている。

 テークアウト限定メニューでは、期間限定でインパクトの強い商品が登場し、デカ盛り好きの外食ファンに喜ばれている。8月には「鶏のから揚げ」と当該企画限定の「黒胡椒から揚げ」の合い盛り商品を発売。具体的には、合計1キロの重量となるから揚げ約18個が入った「全力合い盛りから揚げ1kg」を、揚げ物総菜が充実した「かつ弁」取扱店235店で販売し、好評のうちに終了した。

 また、「全力飯弁当」は、ご飯が見えなくなるほどの盛りだくさんのおかずが特徴。昨年4月の第1回目の緊急事態宣言期間中、「生姜焼丼から揚げチキンカツ弁当」など4品を、数量と店舗を限定して発売したところ、想定の3倍以上の売り上げとなり、早々に終了した。

 全力飯弁当は、今年の1月(第2回目の緊急事態の期間中)に復活した。1月18〜27日、1月28日〜2月4日にはそれぞれ、ナポリタンと焼きそばを麺に使った「わんぱくオムそば」の弁当(853円)が販売された。

 ラインアップは、ナポリタンが「オムナポリタンと海老・チキンカツのソースカツ弁当」と「オムナポリタンとから揚げ・メンチカツのソースカツ弁当」。焼きそばは、「オム焼きそばと海老・チキンカツのソースカツ弁当」と「オム焼きそばとから揚げ・メンチカツのソースカツ弁当」。ネット注文で事前決済できる仕組みを導入して、並ばなくても済むスムーズな受け渡しを実現した。

●から揚げ専門店の「からやま」を展開

 アークランドサービスでは、子会社のエバーアクションが14年よりから揚げ専門店の「からやま」を展開しており、コロナ禍になったから急きょ開発したわけではない。店舗数は112店で、かつやに次ぐ収益の柱となっている。

 そのからやまの元となったのが、テークアウト専門の「からあげ縁」だ。BAN FAMILYという09年設立の会社が経営していたが、15年10月にアークランドが買収して子会社化した。

 からやまは、からあげ縁とかつやのコラボレーションで誕生した業態。浅草発祥「からあげ縁」の生姜とニンニクを使用しない秘伝のタレに1日漬け込んだ鶏のから揚げを、かつやのようなレストラン形式で出店し、人気を博している。

 からやまとからあげ縁は、大分県のご当地から揚げである中津の「もり山」、宇佐の「とりあん」などと共に、今日のから揚げブームをつくりだした立役者の1つである。

 からやまは元からテークアウト比率が高かったが、それでも半分の50%ほどだった。現在は60%にまで上昇し、店内飲食よりテークアウトの売り上げが上回っている。

 このようにから揚げにおいてもテークアウト需要が高まっていることもあり、コロナ禍ではからあげ縁のほうを重点的に出店している。コロナ禍後に13店を出店して48店となった。

 また、から揚げに加えて焼き鳥を第2の柱とし、焼き鳥弁当も販売する新業態「からあげ・とり弁 縁」の店舗を開発。20年6月、横浜市の美しが丘に1号店を出店し、既に8店まで拡大している。

 から揚げ以外にも、目の前で調理するキッチンの臨場感を顧客に楽しんでもらえる商品はないかと考えて、焼き鳥にたどり着いたとのこと。一番人気の「たれ焼きとり弁当」(637円)は、鶏もも肉に秘伝のタレを重ね塗りし、じっくり焼き上げる。余計な脂が落ち、外はパリッと香ばしく中は柔らかく仕上がった大判の焼き鳥1枚分を、シンプルにご飯に盛り付けた。

●すさまじい勢いで新業態を開発

 アークランドサービスの新業態の開発は、怒涛(どとう)のごとくすさまじい。

 20年には前出のから揚げ・とり弁 縁のみならず、スパゲティ「東京たらこスパゲティ」、天丼「江戸前天丼 はま田」、とんかつ「はま田」、スンドゥブ「純豆腐 中山豆腐店」、とろろそば「東京とろろそば」の計6業態を新規出店した。

 今年に入ってからも、中華「東京ひつじ食堂」、グリルレストラン「スーパーグリルブラザーズ」を新規出店している。

 東京たらこスパゲティは20年1月、進化形たらこスパゲティを標榜(ひょうぼう)しており、都内にある渋谷・宮益坂にオープン。若い女性に人気となって大行列をつくりだした。同年7月には、2号店の原宿表参道店を出店した。国内産硬質小麦とタピオカ粉を使ったもちもちの独特な生パスタ、手作業で店内仕込みをするめんたいこなどといったように、和風スパゲティに新しいアプローチで挑戦している。

 お茶漬けのようにダシを掛けて食べる「炙りたらこのお出汁スパゲティ」、ちらし寿司に見立てた盛り付けの「三種の魚卵のたらこスパゲティ」など、どの商品もとてもユニークだ。

 中山豆腐店は、20年5月に高田馬場にオープン。翌年9月には秋葉原に2号店を出した。北海道十勝地方で主に栽培される国産大豆「トヨマサリ」を使用した豆乳でつくる、自家製豆腐による韓国豆腐鍋のスンドゥブを定食にて提供する店で、牛プルコギや海鮮の具だくさんなスンドゥブなどもある。

 韓国料理というと顧客が女性に偏るイメージがあるが、同店ではご飯お代わり自由とあって男性客がむしろ中心。激辛ラーメン店のようにからさが選べ、最高で「6辛」まである。

 東京とろろそばは、20年8月、東京・五反田に1号店をオープン。駅前立地は1号店だけで、その後は神奈川の相模大野や横浜美しが丘など、いずれも郊外ロードサイドに出店して軌道に乗った。とろろそばというと、すりおろしたとろろ芋がそばの上に乗っているイメージがあるが、この店ではせん切りのとろろ芋を使っている。

 “立ち食い以上、老舗未満”のゾーンを狙っており、看板の「肉とろろそば」はシャキシャキしたせん切りとろろの食感と、甘辛く炊いた煮豚のハーモニーを楽しめるようにした創作そばだ。

 さらに、東京ひつじ食堂は今年4月に、東急東横線・学芸大学駅の近くにオープン。店名からは羊肉の店であることは想像できるが、ラム肉を使った町中華という大衆店ながらも尖がったコンセプトの店だ。低カロリーでヘルシーなラム肉をふんだんに使って、女性が1人でも入りやすい店を目指した東京たらこスパゲティの姉妹店とのこと。

 看板メニューは「白ひつじ塩そば」「黒ひつじ担々麺」「赤ひつじ麻辣麺」という3種のラーメン。「ひつじ水餃子」「ラムチョップ」などの一品料理や、やかんで提供される「生レモンサワー」「杏仁のお酒」といったアルコールもそろえている。

●残念ながら閉店した店も

 具だくさんのすき焼き風牛丼専門店として根強いファンが多かった肉めし「岡むら屋」。営業不振のため、最後に残った都内の新橋店も11月5日で、惜しくも閉店することになった。五反田店が東京とろろそばに、秋葉原店が中山純豆腐に転換するなど、グループ内の他業態にリニューアルされた店もあるので、転換された後もなんとなく通っている人もいると聞く。このように、スクラップ&ビルドで消えていく業態もあるということだ。

 この他にも、M&Aで17年に傘下に入った、バックパッカーズのカレー専門店「野菜を食べるカレーcamp」、とん汁専門店「ごちとん」がある。また、同じく20年に傘下入りした、ミールワークスのタイ料理「マンゴツリーカフェ」、手づかみシーフード「ダンシングクラブ」といった、個性的な専門店群がアークランドサービスに集結してきている。

 ミールワークスのマンゴツリー東京は、02年の丸ビル開業時にオープンし、日本のタイ料理のフラグシップ店として知られる。マンゴツリーはタイの首都バンコクに本店があり、ロンドンに次ぐ世界3店目となる。アークランドは、新潟のホームセンター、アークランドサカモトの飲食事業部から独立して、かつやで成功し、今や和風ファストフードのみならず多種多様なブランド、本格的なレストランも手掛けるようになった。

 7月1日には、06年から社長として指揮を執ってきた臼井健一郎氏が会長となり、坂本守孝氏が新社長に就任した。坂本氏は18年よりエバーアクションの社長としてからやま、からあげ縁の事業展開で実績を上げてきた。坂本新社長が、臼井氏が切り開いてきた多ブランド化、ブランド・ポートフォリオ戦略をいかに発展させていくのか。コロナ禍を力強く乗り越える、アークランドサービスに期待したい。

(長浜淳之介)