大東建託は東北エリア(青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県)に住む成人を対象に、居住満足度調査を実施した。その結果「住み続けたい街ランキング」の1位は「宮城県富谷市」、2位は「岩手県矢巾町」、3位は「山形県天童市」だった。

住み続けたい街ランキング

 住み続けたい街ランキングの1位は大型商業施設が多く、仙台市のベッドタウンとして人口が急増している「宮城県富谷市」だった。同市は人口の90%以上が新興住宅地の居住者で子育て世代が多く、「住みここち(自治体)<東北版>」「街に誇りがある」で1位、「街に愛着がある」で2位、「街の幸福度(自治体)<東北版>」で4位と各ランキングで高評価を得ている。

 続く2位は盛岡市のベッドタウンとして人口が増加している「岩手県矢巾町」、3位は将棋駒とラ・フランスの生産量が日本一の「山形県天童市」だった。

街の幸福度ランキング

 街の幸福度ランキングの1位は青森市と弘前市に隣接し、ベッドタウンとして評価が高い「青森県藤崎町」だった。同市は「住みここち(自治体)<青森県版>」でも4位を獲得している。

 2位は赤貝やしらすなどの海産物を特産品とする「宮城県名取市」、3位は比較的雪が少なく住みやすい「青森県おいらせ町」だった。

 当調査の「街の幸福度ランキング」は19〜21年における累計3万963人の回答を、「住み続けたい街ランキング」は20〜21年調査における2万2147人の回答を集計した。