テムザック(京都府京都市)は10月22日、NTTドコモと都市再生機構が実施する、スマートモビリティ「RODEM」(ロデム)を活用した自動運転、遠隔操作による自動配送の実証実験に、日本総合住生活とともに参加すると発表した。同実験は10月27〜28日に横浜市、金沢シーサイドタウン並木一丁目第二団地において実施する。

 自動配送ロボットが日用品などの商品を団地入口から住棟まで配達する実証実験を行い、住民からみた自動配送ロボットサービスのニーズ面や機能面、安全面などについて確認する。

 RODEMは、健康な人も移動に不安を覚える人も同様に移動できることを目指したユニバーサルモビリティ。経路案内や多言語翻訳などネットワーク機能を搭載し、2018年には京都嵐山で、19年には東京丸の内と奈良の平城宮跡歴史公園で観光名所を巡る実証実験を行った。5Gを活用した自動運転、遠隔操作する実験も並行して行い、さまざまな分野で活用できることを確認した。

 配送使用のRODEMは架台の取り換えにより商品の配送だけでなく、人の移動やクリーニングの持ち込みや納品、ごみの回収、巡回警備など多用途に転用できるため、団地内において稼働率を高くすることが可能となる。同社は、将来的に非対面、非接触での幅広いニーズに応えることを目指し、さらなる研究開発を進めていくとしている。