新型コロナウイルスの影響で、人々が集まる“店舗”は大きな打撃を受けた。その一方で、密や接触を回避し、より効率的に店舗を運営できるテクノロジーへの期待が高まっている。

 10月27〜29日にかけて行われた「第12回 Japan IT Week 秋」内「次世代EC&店舗EXPO」で展示された技術を、店舗の無人化・省人化にフォーカスしながら紹介する。

●カメラで決済、「持って出るだけ」無人店舗

 テクノホライゾン エルモカンパニー(愛知県名古屋市)は、カメラを使った無人店舗システムを展示した。店舗内の防犯カメラのような小型カメラが、顧客のピックアップした商品を自動認識してスキャン。スマホなどによるキャッシュレス決済で、取引完了となる。

 同製品は店舗だけでなく、医療や介護、セキュリティといった分野への展開も可能だという。

 これだけでもレジを通らない無人店舗が成立するが、同社ではさらにAI認識処理をカメラ内で行うタイプの製品を開発中だ(2022年春、リリース予定)。顔情報と決済方法を登録した人が店に入り、商品をピックアップし、店から出るだけで決済が完了する、いわゆる“顔パス”での購入ができる。

●座席まで料理を運ぶ“猫型ロボット”

 同社は10月から自動配膳ロボットの取り扱いも行っている。同イベントでは猫型配膳ロボット「BellaBot」を展示していた。

 オーダーのあったアイテムをキッチンで受け取り、指定の場所まで運ぶ、自動カートだ。実際の配膳は人間が行う必要がある。

 顔の部分にタッチ型ディスプレイを搭載しており、顧客がタッチしてオーダーできる。既存のタブレット型テーブルオーダーシステムとの連携も可能だ。通常時はディスプレイに猫の顔を表示しているため愛嬌がある。また、耳のあたりにタッチセンサーを搭載しており、なでるなどすると喜んだり、せりふを言ったりする機能があり、かなり癒やされる。

 さぞかし子どもからのウケがいいだろう、と思っていたら、すでにガストやサイゼリヤといったファミレスでの導入が決まっているという。

 店舗を歩く顧客、特に子どもなどとロボットがぶつかるトラブルはないのだろうか? と不安を感じる向きもあるだろうが、高精度なレーザーセンサーを搭載しているため、障害物を回避できる。

 ホールスタッフがキッチンに行く手間を省けるため、スタッフがホールを離れずに済む。省人化だけでなく、顧客の要望にも応えやすくなり、例えば「さっきおしぼり追加って言いましたけど」などといったクレームを減らし、サービス向上が期待できるという。

●“繊細なもの”に強い、ロッカー型無人販売機

 マースウインテック(長野県埴科郡)は無人販売機を提供している。

 無人販売機といえば、日本では古くから自動販売機が根付いている。最近では飲み物を販売するものだけでなく、軽食や日用品を提供する“自販機コンビニ”なども登場している。

 それらの多くは、購入した商品が受け取り口に落ちてくるような仕組みになっている。そのため、商品は形の崩れないもの、あるいは崩れにくいものに限定される。

 マースウインテックが開発した“ラストワンマイル”∞−Station Series「COLD+ H」「MV-20」は、通常の自販機とは異なり、落とすと無残な姿になってしまうような繊細なものでも販売できる無人コンビニマシンだ。

 COLD+ Hは、ロッカーの形態で、顧客はタッチパネル式ディスプレイを通して商品を購入できる。ディスプレイから商品を選ぶと、その商品が入っている扉のLEDが赤く点滅する。顧客は、透明な窓から商品の確認もでき、問題なければ決済に進む。

 現金は使えず、交通系やnanacoなどのICカード、VISAタッチなどのタッチ式クレジットカード、PayPayやLINE PayなどのQRコードで決済する。QRコード化した店舗独自の割引クーポンも扱える。

 MV-20では、大型のタッチディスプレイで商品を選ぶ。選んだ商品はベルトコンベヤーで前方に送り出され、エレベーター方式で受け取り口まで降ろされる。自由落下ではないため、こちらも繊細な商品を取り扱える。もちろん決済方式はキャッシュレスだ。

 どちらも冷蔵機能をもっているため、野菜、果物、飲料、弁当、ケーキなど、自販機での取り扱いが難しいようなアイテムを販売できるのが特徴的だ。

 例えば、売れ残ってしまった弁当を格安で販売したいが、閉店の時間が来てしまったという弁当店や、明日には売ることができないが、今日中の消費なら問題ない売れ残りの野菜を売ってしまいたいスーパーなどが、食品ロスを防ぎつつ、売り上げを作るのに、COLD+ HとMV-20は貢献を見込める。

 商品の登録も簡単だ。オプションのタブレットへ扉番号と商品情報を設定するだけで、即時に反映される。

 「会社を出て、自宅最寄り駅に着く頃には、スーパーは全部閉まっているんだよな。昼もコンビニ、夜もコンビニ飯か」と選択肢の少なくなりがちなビジネスパーソンにとっても、弁当店やスーパーの商品を買って帰れるのはありがたいのではないだろうか。

●要冷蔵商品の受け渡しも、ロッカーで

 同社では他にも、同じ∞−Station Seriesとして「COLD+ U」を展示していた。これは、よくある受け取り用ロッカーと似たような外観だが、冷蔵機能を搭載している。そのため、置き配が難しい要冷蔵の商品を、好きな時間に受け取れる。QRコードで解錠するため、盗難防止にもなる。

 ECサイト運営者の活用も見込んでいる。注文のあった商品を、システムから発行されたQRコードを使ってCOLD+ Uに預け入れ、同じくシステムから発行されたQRコードを注文者に送信し、商品を受け取ってもらう。

 紹介した3つの販売機はいずれも、12月発売(月額利用料の発生しない、買い切り形式)とのことだが、店舗にとっても、忙しくて決まった時間内に食事が用意できないビジネスパーソンにとっても、食にまつわる課題解決の一助になるのではないだろうか。

●操作端末や周辺機器を、希望のデザインに

 無人店舗や無人接客に欠かせないのが、顧客との情報のやりとりをする端末だ。システム開発会社が一気通貫でハードウェアまで開発している場合もあるが、希望のデザインを実現するために専門メーカーに依頼するケースも少なくない。

 トマトランド(大阪府東大阪市)は、駅の無人キオスクなどで見かけるような精算機用筐体やショッピングカート取り付けスマホホルダーなど、いわゆる什器(じゅうき)を開発している。

 コーポレートカラーやブランドカラーを使ってほしい、ここのこの間口にピッタリ合うサイズで作ってほしい、カートのハンドルの太さはこれでスタンドの高さはこれで……といった要望に応じて作るため、店舗側の満足度も高い。

 バーコード読み取り用スマホの充電台と一体になった決済機のボディーも開発しており、店舗ごとのニーズにきめ細かく対応してくれそうだ。

 タッチパネル・システムズ(神奈川県横浜市)では、システムインテグレーターとコラボしたタッチパネル搭載ディスプレイを開発している。

 飲食店にあるテーブルオーダー用タブレットのようなものから、店頭にある券売機システムのタッチパネル、またPOSシステムと組み合わせたレジ用ディスプレイなども手掛けている。

 タブレットには汎用性の高いWindowsやAndroidといったOSを組み込んでいるため、「要望に応じてさまざまな機能をもたせられる」とのこと。非接触決済用端末やバーコードリーダー、レシートプリンタなどを取り付けられるタブレットスタンドも要望に応じて作成する。

 「電源に接続しないと使えないタイプの製品は、内蔵のバッテリーが膨張して爆発するリスクを回避しつつ、長持ちするというメリットもある」と担当者が話してくれた。

 次世代EC&店舗EXPOという名称で開催されたこの展示会だが、密や接触を避け、人手不足を抱えながらも、それでもサービスの質を落としたくないという店舗運営者のニーズにかなった技術が多く生まれていることが見て取れた。スタッフを通さずとも、満足の行く顧客体験を与えられるよう、UIへのこだわりが見られる製品も多くあった。

 今後は首都圏など人口密度の高いところばかりでなく、過疎化地域でもこうした技術を採用した次世代店舗が浸透していくのだろうか……と期待が膨らむ展示内容であった。