くらし情報メディア「ヨムーノ」を運営するくらしにくふう(東京都港区)が、「11月以降の過ごし方と節約意識」に関する調査を実施した。緊急事態宣言が明け、これから買いたいものを尋ねたところ、「衣類・アクセサリー」が67.3%で最多となった。

 まず、緊急事態宣言などが解除され、買い物の頻度が変化したか尋ねた。その結果46.7%が「リアル店舗での買い物頻度が高まった・高まりそう」と回答した。一方で「変わらない」と回答した人も45.8%と、引き続き慎重派も多い結果となった。

 これから「買いたい」ものを聞いたところ、「衣類・アクセサリー」(67.3%)が最多となった。外出自粛などの要請も緩和されていく中、ファッションを楽しみたいと考えている人が多いようだ。次いで「インテリア雑貨」(43.0%)、「料理・掃除・洗濯にかかる日用品」(39.3%)となり、引き続きこれらのニーズも高いことが見てとれた。

 これから「やりたいこと」や「行きたい場所」を尋ねた。その結果、「宿泊を伴う国内旅行」(63.6%)との回答が最も多く、次いで「外食」(61.7%)、「買物」(48.6%)と続いた。コロナ禍で制限されてきたぶん、足元でのニーズや期待の高まりがうかがえる。

 現在の節約への意識について尋ねてみた結果、「かなり節約したい」「ある程度節約したい」が合わせて87.9%となった。

 賢く買い物をするために心掛けていることは、「ポイントをためる」(77.6%)が最も多い結果となった。ポイントを活用した経験を具体的に聞いたところ、「ポイント還元により、おトクに買物ができた」(81.3%)が最多で、ポイント活用の成功体験がある人が多いことが分かった。

 さらに、「ポイントをためられる店での買い物頻度が増えた」(53.3%)、「ポイントをためるために、電子決済やクレジットカード利用など、支払い方法を変えた」(50.5%)、「ポイント倍増デーなどのまとめ買いが増えた」(43.0%)と、ポイントを活用するための行動変容があった人もいることが見てとれた。

 一方、「ポイントの有効期限が切れてもったいない思いをした」(28.0%)という意見もあり、上手に活用しきれていないと感じている人もいるようだ。

 調査は、くらしに関するさまざまなジャンルのマニア「ヨムーノメイト」(公式インスタグラマー)107人を対象にインターネットで実施した。調査期間は10月22〜28日。