東京商工リサーチは第10回となる、「全国女性社長」に関する調査を実施した。その結果、全国の女性社長は54万919人で、調査開始以来、初めて50万人を超えたことが明らかとなった。

女性社長数が最も多いのは「東京都」

 都道府県別の女性社長数が最も多いのは東京都の14万1962人(前回12万3351人)で、当調査の開始以来、10回連続トップを獲得している。次いで大阪府5万2249人、神奈川県3万4457人、愛知県2万8712人、福岡県2万3745人と続き、企業数の多い大都市を中心に上位14位まで順位の変動はなかった。

 一方、女性社長数が少なかったのは、島根県1592人、鳥取県1982人、福井県2082人、秋田県2252人の順で、上位と同様に顔ぶれは変わらず、企業数や人口に比例した傾向が見られた。

 2020年実施の国勢調査の都道府県別人口に基づき、「女性人口10万人当たり」の女性社長数をみると、東京都が1982人でトップ。次いで沖縄県1178人、大阪府1134人、山梨県1001人、福岡県877人の順となった。一方、最少は新潟県の420人。次いで、山形県426人、秋田県444人、島根県459人、富山県491人と続いた。経済規模が大きな大都市圏や、産業別女性社長数で最多を占める「サービス業他」が好調な地域で多い傾向がみられた。

女性社長率は初の14%超

 企業数と女性社長数を対比した「女性社長率」の全国平均は14.2%で、前回(13.6%)に比べ0.6ポイント上昇した。この数字は調査の開始以来、10回連続で上昇している。

 都道府県別で全国平均を上回ったのは12都府県で、唯一20%超の沖縄県が20.4%(前回20.6%)で、トップを維持した。次いで、東京都16.5%、福岡県16.1%、大分県16.0%、大阪府15.9%、山梨県15.2%と続いた。

 一方、女性社長のワースト1位は前回と同じ新潟県で9.1%だった。次いで、山形県9.2%、福井県9.5%、富山県9.6%、石川県9.8%で、この5県が10%を割り込んだ。

女性社長の名前は「和子」が10回連続トップ

 女性社長の名前の1位は「和子」が5796人で、10回連続トップだった。以下2位「幸子」5300人、3位「洋子」5203人、4位「裕子」4368人までは前回と変わらず、5位には前回7位の「陽子」3757人が浮上した。トップの「和子」は、昭和初期から昭和27年(1952年)頃まで、女性の生まれ年別の名前ランキングトップだった影響を色濃く反映している。

 名前に「子」が付く社長は27万8015人にのぼり、過半数(構成比51.3%)を占めた。逆に「子」が付かない名前では、18位の「明美」2367人が最も多く、他には26位「真由美」2027人、27位「直美」2006人、29位「由美」1961人が30位以内に入った。

 本調査は、約400万社の経営者情報(個人企業を含む)から、女性社長(病院、生協などの理事長を含む)を抽出、分析した。