大東建託は香川県に住む成人を対象に、居住満足度調査を実施した。その結果、「住み続けたい街(自治体)ランキング」の1位は三木町、2位は三豊市、3位は東かがわ市だった。

 三木町は香川県の東部に位置しており、隣接する高松市のベッドタウン。同町の公式Webサイトによると「『ほどよい』暮らしやすさと、『ほどよい』田舎の風景が残り、古さと新しさがほどよく混在している」という。町内には飲食店、スーパー、衣料品店などがコンパクトにそろっており、日常生活に必要なものはほぼ町内で購入可能だとアピールしている。人口は3万人弱で、高松市の中心部には電車で約30分という交通の利便性も備えている。三木町は、大東建託が実施している「住みここちランキング」では5位を獲得している。

 2位の三豊市は香川県の西部に位置しており、愛媛県や高知県にも近い。中央部には三豊平野が広がっており、高瀬川などが流れている。ため池も多数点在しているのが特徴で、人口は6万人強。

 3位の東かがわ市は香川県の東部に位置しており、はまち養殖の発祥地として知られている。人口は約3万人。

●幸福度ランキングは?

 街の幸福度ランキング1位は坂出市、2位は宇多津町、3位は三豊市という結果に。

 1位の坂出市は香川県の中央部に位置しており、「塩のまち」として栄えた歴史がある。また、岡山県とのアクセスが良い環境にある。人口は5万人強。

 2位の宇多津町も県のほぼ中央に位置しており、坂出市と丸亀市に隣接している。臨海部では商業施設や高層マンションの建設が進んでいる。

 当調査の「街の幸福度ランキング」は19〜21年における累計3410人の回答を、「住み続けたい街ランキング」は20〜21年調査における2567人の回答を集計した。