東京・新宿の歌舞伎町で、深夜に営業している「ニュクス薬局」。2014年のオープンから夜の街で働く人々に口コミが広がり、「相談できる深夜薬局」として知られている。テレビや新聞などに取り上げられたほか、取材を受けた書籍『深夜薬局 歌舞伎町26時、いつもの薬剤師がここにいます』(小学館集英社プロダクション)も出版された。

 国内でも有数の繁華街である歌舞伎町は、20年からのコロナ禍で大きな打撃を受けている。その中でも「ニュクス薬局」は休むことなく深夜の営業を続けてきた。1人で薬局を切り盛りする代表の薬剤師、中沢宏昭氏は、今後も歌舞伎町で営業を続け、一緒に働く仲間を増やしていきたいと語る。前編「歌舞伎町26時 唯一の「深夜薬局ビジネス」が成り立った理由」に続き、「ニュクス薬局」の今後について中沢氏に聞いた。

●支持されている理由は「深夜」と「会話」

 ニュクス薬局の店頭に並んでいるのは、精力剤や栄養ドリンク、女性用の化粧品や膣カンジダ用の治療薬など、風俗店やラブホテルが立ち並ぶ歌舞伎町で需要がある商品だ。これらの商品を買い求める客も少なくない。その一方で、最も多く訪れるのは病院からもらった処方箋を持ってくる女性たちだという。

 処方箋を持ってくる客は通院しているので、薬局にも定期的に通う。ニュクス薬局を訪れては、中沢氏と長く話をしていく人も少なくない。たあいない話をする人もいれば、自分の悩みについて語る人もいる。それは「深夜に営業している薬局ならではでしょう」と中沢氏は言う。

 「日中に薬局に行っても、薬剤師に自分の悩みだとか、プライベートのことを深く話すことはあまりないですよね。夜の街で働いていて悩みを抱えていると、『どうせこの人たちは自分とは違う』と思うのかもしれません。その点で言えば、私は皆さんと同じように夜に働いて、しかも深夜まで営業しているので、話しやすいと思ってもらえているのかもしれないですね」

 中沢氏自身も、気軽に相談してもらえるような工夫をしている。無理に話をするのではなく、その人の口数に合わせることで、徐々に会話が増えていく。

 「悩みがありそうなお客さんには、薬を渡す時、飲み方や副作用について説明する以外に、少し会話を入れるようにしています。処方されている薬についてズバリと聞くのではなく、少し遠いところから会話のボールを投げていくイメージですね。そういうやりとりをある程度していると、お客さんから話していただけるようになります。

 お客さんは圧倒的に若い人が多くて、20代から30代の夜の仕事をされている方がほとんどですね。オープンしてすぐに気付いたのは、丁寧語で話していると、私が年上ということもあって距離感ができてしまうことです。それで、わざとため口のような言葉遣いに変えました。その読みが当たって、気軽に話してもらえるようになりました」

●コロナ禍の歌舞伎町でも通常通り営業

 ニュクス薬局の経営が軌道に乗るまでに、オープンから1年ほどかかったことは、前編で触れた。多くのメディアに取り上げられるようになったことで、「相談できる歌舞伎町の深夜薬局」として全国的にも有名になった。

 しかし、20年になると新型コロナウイルスの感染が広がりはじめ、歌舞伎町は感染が拡大する「夜の街」として名指しされる。そして、最初に緊急事態宣言が出た20年4月、歌舞伎町から人の姿が消えた。中沢氏が振り返る。

 「第1波の時の歌舞伎町は、人っ子ひとり歩いていない状況でした。人が少ないことで、逆にひったくりの犯罪が増えるなどの問題も起きました。不景気になれば犯罪も増えますよね。お客さんの多くは、自分たちの店に客が来なくて『どうしよう』と言って困っていました。

 仕事がなくなって困っている人には、生活保護の申請を勧めたこともあります。『もう店を続けるのは限界かな』と話す経営者には、国が出しているコロナ関連のセーフティネットの情報を伝えて、早めに動いた方がいいとアドバイスしました」

 ニュクス薬局も、コロナ禍で売り上げは3割以上ダウンしている。それでも通常通りの営業を続けている。中沢氏は「特別なことをしているとは思っていない」と話す。

 「商業施設に入っているような薬局やドラッグストアでは、営業時間を短縮しているところもあったと思いますが、医療業界ではむしろ薬局は開けてほしいと考えられています。今年のゴールデンウィークでも、発熱外来をしていた病院が多かったので、薬局も開けてほしいと要請がありました。ただ、発熱外来から来るお客さんは、場所柄もあって少なかったですね。

 コロナ禍で最も売り上げが少なかったのは、去年の7月頃です。処方箋を扱った場合、収入の7割が入金されるのは2カ月後なので、4月や5月の影響が出た頃ですね。今でも売り上げは通常の3割減の状態です。それでも、お客さんがいなかったオープン当初に比べると全然いいですよ。使命感と言えば使命感かもしれませんけど、どうせ休んでも他にやることはありませんから」

●歌舞伎町で薬局を続けるために仲間を増やしたい

 全国的に話題になった「ニュクス薬局」には、調剤薬局のチェーンを展開する企業からM&Aの話も来る。しかし、中沢氏はこれまで全て断っている。その理由は、チェーンでは歌舞伎町のお客さんのためにならないと考えているからだ。

 「M&Aで事業を譲渡した場合、自分はいいかもしれませんが、お客さんにとってはこの薬局にくる価値がなくなってしまうのではないかと思いました。チェーン店は人事異動が激しいので、1年や2年で薬剤師がころころ変わります。そうなると、常連のお客さんが安心して通えなくなってしまうのではないでしょうか」

 その一方で、歌舞伎町で深夜に営業を続けていくためには、新たな仲間も必要だと考えている。ニュクス薬局のTwitterで、中沢氏は時々、こんな呼びかけをしている。

 『ニュクス薬局の名を元に独立してみませんか? 特に夜にこだわる必要はありません。夜のしばりは歌舞伎町だけで。成果によって、その気があるのであれば、弊社の役員への道も。』(2021年08月17日)

 『ニュクス薬局、フランチャイズオーナーをゆるっと、こちらで募集しています。既に手を挙げていただいている方もおりますが、しばらくしたら、HPその他でも募集をかけます。ご興味ある方はお気軽に。』(2021年08月25日)

 Twitterでの呼びかけの真意を聞くと、「自分と同じように、ひとつの薬局でずっと働いてくれる人を探したい」と説明してくれた。

 「もともと会社を大きくしようという考えはないのですが、跡継ぎのことは考えなければいけないと思っています。新しい店舗をオープンして、一緒に働く仲間を作っていく。世代交代をしていくには、その方法が一番スマートかなと思っています。

 私と全く関係ない会社に売ったのでは、歌舞伎町のお客さんに対して無責任という気がします。仲間入りしてくれた人に、自分がやりたいと思う店舗を任せるイメージです。将来的には社長の座を譲って、自分は会長として残る形でもいいと思っています」

●本来の薬局の姿を歌舞伎町で

 ニュクス薬局はオープン以来営業を続けていた店舗から、21年9月に同じ歌舞伎町2丁目内の新店舗に移転した。コロナの感染者は減ったものの、人出は以前の水準には戻っていない。それでも中沢氏は、これからも深夜の歌舞伎町で、ニュクス薬局を必要とする客を待ち続ける。

 「昔はちょっと調子が悪くなったら、近所の小さな薬局に行って相談していましたよね。独立したらその形でやりたいと思っていましたし、それが本来の薬局の姿だと思っています。ニュクス薬局を歌舞伎町でずっと続けていきたいですね」

(ジャーナリスト田中圭太郎)