時折、本当に起きたのかと疑いたくなるほど痛ましいニュースを目にすることがあります。摂津市(大阪府)で、3歳の男の子が母親の交際相手から熱湯をかけられて亡くなった児童虐待もそうです。あまりにもつらく、悲しい事件です。

 男の子が亡くなったのは、自宅です。本来であれば最も安全であるはずの場所が、最も危険な場所だったことになります。自宅というプライベートな空間は、家族以外の人が立ち入ることのできない密室です。大人と子どもという“あらがえない力の差”と、世間の目から閉ざされた“密室”が負の相乗効果を働かせ、虐待をエスカレートさせてしまった面があるように思います。

 そんな、“あらがえない力の差”と“密室”が負の相乗効果を生んでしまう事例は、大人の間でも見られます。トヨタカローラ横浜で男性社員がうつ病を発症して自ら命を絶った事件では、上司の叱責などによるパワハラが原因だと労働基準監督署が認めました。そこにも、上司と部下という“あらがえない力の差”と職場という“密室”がありました。

 こうした事件は後を絶たず、11月4日にNHKは『佐川急便 39歳の男性社員が自殺 会社が上司のパワハラ認め謝罪』と題する記事を報じました。

 記事によると、亡くなった社員は上司からたびたび叱責を受け「どれだけうそをつくんだ」などといわれたり、職場の机の前に40分以上立たされたりしていたとも伝えられています。“あらがえない力の差”は、上司が部下を一方的に叱責し他社員もそれを止めることができない、という不健全な関係性を生み出し、職場という“密室”の中で叱責は繰り返され、社員の命は奪われてしまいました。叱責がエスカレートしても、世間の目が届かない環境だとブレーキがかかりづらくなってしまうのです。

 世の中には、自らを責めて追い込んでしまっている部下であっても、お構いなしに叱責し続け、その叱責が重大な結末をもたらす可能性を考えない「叱責妄信型」上司がいます。マネジメント上の観点からすると、叱責妄信型上司は少なくとも2つの点で決定的な過ちを犯しています。1つは、「心のダメージの見誤り」です。

 「何度も同じ失敗を繰り返すなんてけしからん。もっと叱責して分からせるしかない」

 「改善しようとしないなんてけしからん。もっと叱責して分からせるしかない」

 「自らアドバイスを求めてこないなんてけしからん。もっと叱責して分からせるしかない」

 このように考える叱責妄信型上司は、目に見えて効き目が感じられるようになるまで部下を叱責し続け、どんどんとエスカレートさせていきます。確かに、中にはどれだけ叱責しても意に介さない部下がいるかもしれません。しかし、一度の叱責で、既に心の中に深いダメージを受ける部下もいます。

 心にダメージを受けた部下は、叱責を受けるたびにダメージを積み重ねていきます。これがナイフの刺し傷のように目に見えるダメージであれば、上司も多少は配慮して叱責にブレーキがかかるはずです。しかし、心のダメージは目に見えないため、叱責妄信型上司は心のダメージの存在に気付くことなく度合いを見誤り、叱責を重ねてしまいます。その叱責が、まだ癒えていない刺し傷にナイフを突き立てているとも知らずに。

 一方、部下は叱責を受けながら上司とは全く別の思いで事態を受け止めています。

 「何度も同じ失敗を繰り返してしまって申し訳ない。自分はダメな人間だ」

 「うまく改善できなくて申し訳ない。自分はダメな人間だ」

 「どうアドバイスを求めて良いかも分からず申し訳ない。自分はダメな人間だ」

 謝罪を繰り返しながら自分で自分を責めるようになり、その行為が心の中にさらなるダメージを蓄積させていきます。そして、家族など周囲にいる人たちが様子の変化に気づいて声をかけたとしても、心配をかけないよう「大丈夫」と気丈に振る舞い、さらなる心配をかけてしまわないよう、誰にも相談せず殻の中に閉じこもり、自分の手でどんどん逃げ道を塞いでいってしまいます。

 そんな部下の気持ちとは裏腹に、心のダメージを見誤っている叱責妄信型上司は、本来であれば救いの手を差し伸べ、手当てしてあげるべきところを「叱責が足りない」「心を鬼にしなければならない」などと叱責をさらに強めます。

 多くの叱責妄信型上司が犯しているもう一つの過ちは、「怠慢が原因という思い込み」です。

 中には本当に怠慢が原因で、叱責によって気合が入り成長できる部下もいるかもしれません。しかし、一生懸命取り組んでいるのにうまくできない部下が、怠慢と見なされてしまうと悲劇です。叱責妄信型上司は、そんな部下をも叱責してしまうのです。部下は既に頑張っているにもかかわらず、「何をやっているんだ、もっと頑張れ!」と上司から“叱咤激励”を受けてしまいます。

 部下は、上司から叱責されても成す術がありません。それは、泳げない人が水の中でもがいている状態に似ています。水面下でもがいていることが分からない人からすれば、その様子は、ふざけているように見えたり、積極的に泳ごうとしない姿勢が怠けているように見えてしまうのかもしれません。しかし、泳げない人はどうしていいか分からずもがいているのです。「もっと頑張れ」といわれても、同じ動作を繰り返すしかありません。そして、もがいてももがいても前に進むことができず疲弊していきます。

●上司の役割とは何か

 泳げない人が必要としているのは、叱咤激励や叱責ではありません。泳ぎ方の伝授です。

 上司の大切な役割の一つに「部下育成」があります。部下育成とは部下ができるようになるまで叱責して追い詰めることではなく、うまくできない原因を正確に捉え、できるようになる方法を考え、教え導くことです。それをせずに「できないのは怠慢」と決め付け、ただ叱責し続けるのはマネジメントでも何でもありません。たとえ「ストロングマネジメント」などと上司にとって都合のいい名称を付けようが、しょせんは“あらがえない力の差”を利用した暴力です。怠慢なのは部下ではなく、上司の方なのです。

 「心のダメージの見誤り」「怠慢が原因という思い込み」という2つの過ちを犯している叱責妄信型上司は、部下を“心のエアポケット”へと陥らせてしまいます。そして、最悪の場合は命を奪ってしまいます。

 「いやいや、自ら命を絶つくらいなら、会社を辞めればいい」などという指摘がいかに的外れであるかは、以前『パワハラは減らないどころか増えている――加害者の典型的な言い訳と、決定的な「2つの見落とし」とは』という記事で説明した通りです。一度心のエアポケットに陥ってしまうと、冷静な判断力が奪われるのです。

 注意してほしいのは、叱責妄信型上司が必ずしも意地悪で部下を追い込んでいるとは限らないことです。むしろ、成果が上がらない状況を何とかしたいと思っている上司ほど、あえて嫌われ役となり、心を鬼にして厳しく部下を叱責してしまうのかもしれません。

 しかし、最初は部下のために心を鬼にして叱責していたつもりでも、叱責を繰り返すうちに感情が先走るようになり、自分でも制御できないほどに激高してしまったり、暴言を吐いてしまったりと、職場という外部の目に触れない“密室”の中でエスカレートしがちです。部下のためと思っていたはずが、“密室”の中でいつの間にか、叱責が自身の感情のはけ口へと変わってしまうのです。

 冒頭で紹介したような上司のパワハラによる痛ましい事件は、なかなか世の中からなくなりません。叱責妄信型上司は、今も次の被害者を生み出す危険性を秘めたまま、日本中のあちこちの職場に存在しています。

●「結果を出しているから」は言い訳にならない

 厄介なのは、そんな叱責妄信型上司の中には、好業績を上げている人もいる点です。中には「成果を出しているのだから、人としての行いは認められないが、管理職としては優秀だ」と評価して、かばおうとする会社もあるかもしれません。生徒に対するひどい体罰や罵声などのパワハラがあっても、優秀な成績を上げている部活動のコーチだと問題にしづらい――という遠慮が生まれるようなケースと同様です。

 しかし、好業績を上げているならば、部下が自ら命を絶つまで叱責して追い込んでしまうような上司でも、管理職としては優秀だという理屈は本当に成立するのでしょうか。

 まず整理したいのは、追い込んだ側の上司は、部下が自ら命を絶つという結末を想定した上で叱責し続けていたのかという点です。もし想定していたというのであれば、それはもうパワハラの域ではなく、刑事事件として裁かれるべき殺人に相当します。しかし、多くの場合、加害者である上司にとっても想定外の結末だったのだろうと思います。だとすれば、そのような重大なる結末の“読み違い”をしてしまう上司が、管理職として優秀だという理屈など成り立つはずがありません。

 先に見た通り、叱責妄信型上司は、「心のダメージの見誤り」「怠慢が原因という思い込み」と、既にマネジメント上の決定的な過ちを2つも犯しています。しかし最も大きな過ちは、自らの叱責により、部下が自ら命を絶ってしまうという最悪な結末の可能性を読み違えていることです。

 自分も部下を叱責することがある、という役職者は、冷静に自問自答していただきたいと思います。「部下の心のダメージを見誤ってないか?」「できないのは部下の怠慢だと決め付けてないか?」――そして「叱責の結末を読み違えてないか?」と。

 最悪の結末を阻止できるのは、上司である“あなた”しかいないのです。

(川上敬太郎)