馬主ならぬ「象主」になれます――。

 11月にJR東海(販売元はJR東海ツアーズ)が、こんなユニークな「旅行商品」を打ち出した。価格はなんと30万円。旅行商品としては確かに高額かもしれないが、馬主になったり、ペットを購入したり……という観点で考えれば高額ともいえない。

 実はここでいう「象主」とはゾウの所有者になれる権利をもらえるものではない。よくある「一日警察署長」のように、1年間限定で愛知県豊橋市にある「のんほいパーク」が飼育するアジアゾウの名誉「象主」になれることを指す。

 のんほいパークは象主になった客に、他では味わえない体験を提供する。例えば飼育体験を提供したり、象からグリーティングカードをもらえたり、対象となる象の誕生日に像へフルーツバスケットをプレゼントしたりなど工夫を凝らした。のんほいパークも「象主の方にはのんほいパークの総力を挙げておもてなしをする」と話しており、職員が案内する「㊙バックヤードツアー」やセグウェイ散策なども用意している。

 特に面白いのは「オリジナル象主名刺」だ。本業以外のいわゆる「2枚目の名刺」として使えば、「実はアジアゾウの“象主”もやっておりまして……」といった決めぜりふを言いながら、あいさつや営業の場面で威力を発揮しそうだ。

 しかし問題は、なぜJR東海がこんな「くだらない」とも思えるとがった商品を用意したのかだ。担当者が語る。

 「象主のプランを造成するにあたり、のんほいパークの方々と話をするなかで、野生のアジアゾウが生息域を奪われている状況や、各地の動物園がエサの確保に苦労している現状などさまざまな課題を知りました。

 そこでアジアゾウをはじめ野生生物の生息域減少についてのレクチャーを受けたり、旅行代金の約半額をエサ代として動物園に寄付したりするなど、象主プランを通じて、自然環境やアジアゾウの生態、生物多様性などを学べる設計にしました」(JR東海営業本部・尾原崇文氏)

 聞けば代金の30万円のうち、15万3300円はエサ代に充てられるという。

 旅行商品としては高額な料金設定を含めて、社内で反対意見が出そうなものだ。だが、「社会性が高いコンテンツ内容ということもあり、新しいキャンペーンの新しいチャレンジとしてすんなりGOサインが出ました。多くの方にこの企画を通じて、野生動物の危機や動物園の苦労を知っていただけるとうれしいです」(尾原氏)と話す。

●「ずらし旅」に続く「推し旅アップデート」

 11月1日に同社は「推し旅アップデート」というキャンペーンを立ち上げた。象主のプランはその目玉コンテンツの一つだ。新型コロナウイルスの感染が拡大した後、「ずらし旅」キャンペーンを立ち上げていて、今回はそれに続く形となる。

 この狙いについてJR東海営業本部・福井一貴氏は以下のように説明する。

 「コロナ禍の現在、多くのイベントが中止となり、ご自身の『推し』のアーティストやスポーツチームなどに接するリアルな体験が、なかなかできない状況が続いています。

 そこで、お一人お一人がご自身の『推し』に会いに行く『推し旅』を、エンターテインメントや観光など各業界の方々にご協力いただいて内容をアップデートし、もっと楽しいものにしていきたいという思いを込めて『推し旅アップデート』という名称でキャンペーンを展開することにしました」

 「推し旅アップデート」をリリースした際、「象主」の他、人気アイドルグループ「7OREDER」の安心安全イベントも発表した(11月4日に申し込みは締切られている)。こちらは「安心安全」を謳(うた)うだけあり、ワクチン接種証明と、抗原検査陰性判定を参加条件としている。

 特別公演イベントの前日からホテル宿泊、イベント当日は貸切新幹線・貸切バスでの移動、イベント後も参加者の体調確認を実施するなど、感染症対策を徹底したイベントに「アップデート」したという。

 また、江戸時代に醸造が途絶えた幻の酒「江川酒」を提供するプランも発表した。江川酒は、北条早雲が名付け、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康も味わった酒で、有名な「醍醐の花見」でも振る舞われた。江戸時代に醸造が途絶えたものの、20年5月に当時の醸造方法について記した「御手製酒之法書」が発見され、今年は約320年ぶりに少量が再現生産されたという。

 「江川酒を単に飲み、学ぶだけでなく、来年度は酒米づくりから醸造にまで関われるプランを造成する予定」(JR東海営業本部・小池奏里氏)だという。酒好きが酒を飲むだけで終わらないよう「アップデート」したかたちだ。

 象主の企画も象好きが象を見るだけでなく、飼育体験や野生の象の危機的状況について学ぶなど、「アップデート」されている。今後も「推し」コンテンツを追加していくというが、このキャンペーンの真の狙いは意外なところにあった。

●EX予約の進化

 今年、東海道・山陽新幹線の会員制ネット予約サービス「エクスプレス予約」はサービス開始から20周年を迎えた。スマートフォンすらなかった時代に始まったサービスは、進化とともに会員数を順調に増やし、年会費無料のスマートEXの会員数を含めて現在800万人超となっている。

 JR東海は23年夏に、新幹線と一緒にホテルや旅先の交通手段、観光プランなど、旅行全体をシームレスに予約・決裁する「EX-MaaS(仮称)」のサービスを開始すると発表している。

 それに先駆けるかたちで11月にEXサービスの画面からリンクする「EX 旅のコンテンツポータル」サイトを開設。ホテル、観光プラン、交通サービス、ビジネス向けサービスをEXサイトからスムーズに購入できるようにした。

 「EX-MaaS(仮称)は、当社営業施策の中で、もっとも重要な施策の一つ」(前出・福井氏)とのことで、「推し旅アップデート」キャンペーンのコンテンツは、この「EX 旅のコンテンツポータル」サイトでしか購入できないようにしてある。

 JR東海はそれほど「推し」の力を高く評価し、注目しているのだろう。確かに同社の主力である東海道新幹線におけるビジネス以外の利用シーンを考えると、「京都や奈良好き(推し)が京都、奈良へ行く」「アイドル好きが各地のコンサートに遠征する」「サッカー好きがアウェーの試合を観戦しに行く」など、「推し」との相性は良いように見える。

 アイドル好きやアニメ好きなど高い熱量をもった消費者は、自身の行動をSNSへ投稿したり、口コミサイトなどで積極的に書き込んだりするなど、「拡散力」「影響力」は強い。また、そのような消費者はリピーターとなる確率も高く、受け入れ側施設にとっても有難い存在だ。

 人それぞれが持っている「推し」をアップデートさせて魅力的なコンテンツに仕上げていく――。「推し」の対象となるものは無数にあり、この試みには広がりが見られそうだ。

 EXサービスのアップデートとともに、アップデートされた「推し旅」。同社の売り上げ向上に寄与するか。

(アイティメディア今野大一)