スパークス・アセット・マネジメント(東京都港区)は、夫婦のお金に関する調査を実施した。調査から、妻のへそくり金額は平均183万円ということが分かった。

 パートナー(夫・妻)に内緒でへそくりしている人の割合は、全体では46.7%。男女別では男性43.0%、女性50.4%だった。へそくりの平均は155万円で、男性123万円に対し女性は183万円。20年の調査結果と比較すると、男女ともに14万円の減少となっている。

 「夫婦の貯金の管理はどちらが主導しているか」という質問には、50.0%が「妻」、23.8%が「夫」と回答、「夫婦別々に管理している」という回答も26.2%あった。

 夫婦の預貯金額の平均は799万円で、20年の調査結果と比較すると65万円増加していた。年代別で見ると、20代では73万円増で328万円、30代では17万円増で460万円、40代では50万円増で746万円、50代では81万円増で822万円、60代以上では104万円増で1637万円という結果に。

●小遣いの平均金額は?

 小遣いの決定権に関しては「妻のほうが強い」が33.7%、「夫のほうが強い」が22.0%、「どちらも同じくらい」が44.3%という結果に。小遣いの額は「1万〜3万円未満」(38.7%)が最多。次いで「3万〜5万円未満」(21.5%)となった。

 小遣いの平均は3万804円。20年の調査結果と比べて、2806円増加している。これを男女別・年代別に見ると、30代男性が6660円増で3万2620円、30代女性も6660円増で2万2390円となっており、男女とも30代の小遣いが目立って増えている。

 現在の小遣いの満足度については、「満足している」(43.4%)が「満足していない」(26.1%)を上回った。「どちらともいえない」は30.5%だった。満足している人の割合は女性のほうが高く、20代男性34.0%に対し、女性は51.0%、40代男性29.0%に対し女性は46.0%となっている。

 調査は、10月20〜22日に全国の20歳以上の既婚男女を対象にインターネットで実施した。有効回答数は1000人。