日本空港ビルデングは11月17日、グループ会社のコスモ企業が手掛ける「世界の機内食シリーズ第4弾〜ヨーロッパ美食紀行〜」を発売した。同社の公式オンラインストアで展開している。旅行を控える動きがある中で、家で旅行気分を味わえる取り組みとなっている。

 機内食の内容は、スペイン料理のパエリアやフランス料理のコック・オー・ヴァン、地中海風料理のポテトニョッキ、イギリス料理のチキンティッカマサラなど、ヨーロッパの旅気分が味わえるメニューとなっている。

 6食セットと10食セットの2種類。6食セットは、スペイン、地中海風、フランス料理が各2食ずつで、価格は5500円。10食セットは、スペインと地中海風料理を各3食、フランスとイギリス料理を各2食に加え、フランス料理のシャンピニオンスープが4食分入る。価格は9000円。どちらも数量限定で販売する。

 スペイン料理は、シーフードパエリア、地中海風料理はポテトニョッキを用意。フランス料理は、鶏肉と赤ワインの煮込み料理であるコック・オー・ヴァンと、マッシュルームと玉ねぎが特徴のシャンピニオンスープ。イギリス料理は、チキンティッカマサラというカレーを提供する。

 同社は過去にもドイツやタイ、インド料理といった世界の機内食を販売していて、今回は第4弾となる。