「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパン(東京都渋谷区)が、ビジネスチャットツールを導入している企業に勤め、週に1回以上在宅勤務を実施している20〜30代の会社員561人を対象に、「在宅勤務時のコミュニケーション」に関する意識調査を実施した。

 その結果、コミュニケーションでストレスを感じる相手1位は「上司」で、56.0%が返信がない場合「心理的なストレスが高まる」と感じていることが分かった。

 勤務している会社に、在宅勤務を行いやすい風土があるかと質問したところ、「あると思う」(47.8%)、「ややあると思う」(34.2%)と、合計82.0%が「在宅勤務を行いやすい風土」があると回答した。

 在宅勤務が行いやすいと思う理由としては、「上司とのコミュニケーションが取りやすい」が57.8%で最多となった。2位は「経営層や上司が在宅勤務を率先垂範」(38.9%)、3位に「部下とのコミュニケーションが取りやすい」(38.0%)と続いた。

 在宅勤務時のコミュニケーションにおいて、ストレスを感じることがあるかという問いには、72.9%が「ストレスを感じることがある」と回答した。

 コミュニケーションの相手別にストレスを感じることがあるかという質問には、「上司」とのコミュニケーションが最多の57.4%だった。次いで「他部署」(45.1%)、「同僚」(41.0%)と続いた。

 ストレスを感じる理由として、「テキストでの連絡ではニュアンスが伝わらない」が54.5%で1位。次いで「連絡に対する返信が遅い」(43.3%)、「連絡に対して無視をされることがある」(36.7%)と続いた。

 在宅勤務時のコミュニケーションで、自身の連絡に対する上司からの返信がないことがあると答えた人は62.3%。また、返信がないことで心理的ストレスが高まると回答した人は56.0%だった。

 同社マーケティング本部長 増田 隆一氏は「複数の部下を管理している人の中には、心当たりのある方も多いだろう」とした上で「在宅勤務はお互いの顔が見えない分、意識的に意思伝達をすることが大切だ」と指摘。「無反応が、部下にストレスを与える可能性があることを認識し、ひと手間を惜しまずに細やかなコミュニケーションを取ることを心掛けたい」とコメントした。

 調査は10月14〜21日にインターネット上で実施した。