凸版印刷は11月24日、NFT(非代替性トークン)領域でのデジタル通貨決済の普及に向け、NTTドコモやKDDIなど4社と合同で「デジタル通貨フォーラムNFT分科会」を設立したと発表した。第一フェーズとして、NFTマーケットプレイスでの決済を想定した実証実験の検討に着手する。

 同分科会には、NTTドコモやKDDIに加え、ブロックチェーンに関するコンサルティング事業を手掛けるHashPort(東京都文京区)と、インターネットイニシアティブ(IIJ)傘下で、暗号資産取引所を運営するディーカレット(東京都千代田区)が参加。同分科会では、NFT領域におけるデジタル通貨の利用についての検討と、実証実験を行い、実用化に向けた課題の特定などを目指す。

 実証実験では、デジタル通貨に対応したNFTマーケットプレイスを構築。デジタル通貨の流通を担う付加領域と、デジタル通貨を管理する共通領域により構成される二層構造デジタル通貨による流通を検証する。

 付加領域におけるデジタル通貨は、NFT特化ブロックチェーン「パレット」で、共通領域におけるデジタル通貨はディーカレットが提供する技術基盤で発行される予定。「パレット」上のNFTマーケットプレイスにて販売されるNFTをデジタル通貨で決済することを想定している。