寿司の購入場所は8割が「スーパーの店頭」――そんな結果が、インターネットリサーチを手掛けるマイボイスコム(東京都千代田区)の「お寿司」に関する調査で分かった。同調査は今回で4回目。

 購入した寿司を食べる人に、どのような店で寿司を購入するかを聞いたところ、1位は「スーパーの店頭」で86.3%、2位が「回転寿司の店舗でテークアウト」で35.3%、3位は「持ち帰り寿司店、テークアウト専門店」で26.1%だった。前回の調査と比べ、「回転寿司の店舗でテークアウト」は増加した。また、「デパート」は女性高年代層で高かった。

 寿司購入時の重視点を尋ねた。「具材・ネタの種類」「価格」「味」が6〜7割、次いで「分量・ネタの個数」「鮮度」「いろいろな種類が入っている」がそれぞれ約3割だった。「具材・ネタの種類」「鮮度」は、女性や高年代層で高かった。

 自宅で寿司を食べるシーンは、1位が「休日の夕食」で60.0%、2位は「平日の夕食」で42.3%、「休日の昼食」「自分や家族が食べたい時」が30%前後だった。女性では、「自分や家族が食べたい時」「食事を作るのが面倒・時間がない時」の比率が高い傾向だった。

●寿司を食べる頻度は?

 寿司を食べる頻度については、特に多かったのが「月に2〜3回」(27.4%)と「月に1回程度」(29.3%)だった。月に1回以上食べる人は60%強で、特に高年代層で頻度が高かった。

 食べる寿司のタイプを聞いた。1位は「購入したもの」で79.2%、2位は「外食・回転寿司」で65.2%、3位は「自宅で手作りしたもの」で25.0%だった。「外食・寿司屋」「出前・デリバリー、宅配サービス」は各10%台で、前回調査と比べ「購入したもの」は増加、外食は減少した。「自宅で手作りしたもの」は女性高年代層で高かった。

 今回の調査は 、「MyVoice」のアンケートモニターを対象にインターネットで実施した。期間は21年10月1〜5日、有効回答数は1万105人。