VR事業などを手掛けるHIKKY(東京都渋谷区)は、12月4〜19日に開催するメタバース上で開催される世界最大のVRイベント『バーチャルマーケット2021』の出展企業第1弾として、各企業のブース内容と、企業ブースが出展される会場の詳細を発表した。

 最近バズワードにもなっている“メタバース”への高い関心を受け、当イベントにはローソン、SMBC日興証券、テレビ朝日など、多様な業種の企業が出展する。

●企業出展会場

 当イベントのテーマは「メタバース・シティ」で、今回の企業出展会場の舞台は「パラリアル渋谷」と「パラリアル秋葉原」だ。

 会場に足を踏み入れると、光と共に現実世界の渋谷と秋葉原を精巧に再現した街並みが広がる。現実世界とリンクした天気、来場者が増えれば増えるほど伸びるビル、リアルとメタバース両方の街のプチ情報がポップアップで浮かび上がる“空間タイムライン”など、メタバース上だからこそつくり上げることができるパラリアル(「パラレルワールド(並行世界)」+「リアル(現実世界)」を合わせた造語で、リアルとメタバースに並行して存在することを指す)な街を表現する。

出展企業1・ローソン

 今回初出展となるローソンは、パラリアル秋葉原に設置されたバーチャル店舗で、ローソンオリジナル商品の紹介に加え、素材とケーキを組み合わせて作る「オリジナルクリスマスケーキ」の制作や、その場で撮影した写真でオリジナルパッケージにできる「オリジナルからあげクン」制作、セルフマシンで淹れたコーヒーをバーチャル空間で持ち運べる「セルフコーヒーマシン」体験など、バーチャルならではの体験コンテンツを多数用意した。

 また期間限定で有名VTuberが1日店長を務める企画や、オリジナル3Dアイテムの販売も予定する。

出展企業2・SMBC日興証券

 証券業界初のバーチャルマーケット出展となるSMBC日興証券では、パラリアル渋谷に登場するブースでリーマンショックやアベノミクスなどのダイナミックな相場変動を疑似体験できる“株価連動ジェットコースター”や、業界の第一線で活躍する証券アナリストなどの専門家と直接話ができる“バーチャル座談会”など、投資や資産運用を身近に感じられるメタバース上ならではのコンテンツを提供する。

出展企業3・ビームス

 3度目の出展となるBEAMSは、パラリアル渋谷に登場。今回は初のオリジナルアバターの販売の他、「ちびまる子ちゃん」と「オッドタクシー」、「The Wonderful! design works.」のリアル商品&3Dモデル商品を展開する。

 また12月9日より全世界独占配信されるNetflix映画「浅草キッド」とコラボした2Fエリアでは「バーチャル浅草」を再現し、昭和時代の浅草にタイムスリップしたような気分を味わえる空間を届ける。エリア内にある浅草フランス座では、劇中で大泉洋と柳楽優弥が披露したタップダンス体験も可能とした。

出展企業4・テレビ朝日

 初出展のテレビ朝日は、パラリアル渋谷にテレビ朝日本社社屋をイメージした2階建てのブースで登場する。

 1Fエリアにはテレビ朝日で放送中のバラエティ番組「お願い!ランキング」の世界観が広がり、2Fエリアには人気4番組のリアルグッズ販売、弘中綾香アナウンサーやお笑いコンビ「ぺこぱ」のシュウペイが考案したキャラクター“うさペイ”の3Dモデルの展示、テレビ朝日スタッフによるバーチャル接客などを提供する。

出展企業5・東京マルイ

 エアソフトガンを手掛ける東京マルイは、パラリアル秋葉原に出展。設置されたデザインを刷新したブースでは、発売間もない新作のエアソフトガンを3Dモデルで多数展示する他、試射ができるシューティングレンジも設置する。

 2階エリアではミリタリーVTuber「彩まよい」、育成&戦略シミュレーションゲーム「ドールズフロントライン」、ミリタリー業界での知名度が高いアパレルブランド「MAYOZONES」とのコラボコーナーを展開。キャラクターの等身大パネルや動画の視聴が楽しめ、来場者特典として「MAYOZONES」のアバター用アクセサリーを無料配布する予定だ。

出展企業6・小学館集英社プロダクション

 パラリアル秋葉原に登場する小学館集英社プロダクションブースでは、今年で25周年を迎えたテレビ東京系列で放送中の番組「おはスタ」の世界観あふれるコンテンツを展開する。

 現在のおはスタスタジオを再現した1Fエリアでは、おはスタおなじみ「おーはー」のポーズをする歴代MCやまちゃん(山寺宏一さん)、おのちゃん(小野友樹さん)、はなちゃん(花江夏樹さん)、スバにぃ(木村昴さん)に加え、おはスタから生まれた人気キャラ「怪人ゾナー」の3Dモデルの展示や、歴代のおはガール衣装の展示、25周年を記念したカレンダーボードの設置など、おはスタ25周年を祝う内容となっている。

 さらに、2Fエリアでは2015年のおはスタスタジオと、「ガル学。〜聖ガールズスクエア学院〜」のガールズアリーナが再現されている。

出展企業7・大丸松坂屋百貨店

 「バーチャル大丸・松坂屋」はパラリアル渋谷の中に、歴史を感じさせる和テイストのビルとして出展。ローストビーフ、カニ鍋、オードブルやスイーツなど、クリスマスや年末年始の食卓を彩る“ごちそうグルメ“が2700点以上そろい、ユーザーは食品3Dモデルで商品の形状を確認したり、カタログで詳細を見たり、商品を購入したりすることも可能にした。

 またブース内では大丸松坂屋のスタッフがアバター姿で接客し、用意された「回転グルメ」カウンター席や座敷席でくつろぐこともできるようにしてある。期間中には100人以上のユーザーが集う「メタバース宴会」も開催する。さらに今回はスマートフォンからもアプリレスで入場できるクラウド会場もオープンする。

 バーチャルマーケット2021は12月4〜19日までの、計16日間開催される。