コロナ禍を発端として、企業はテレワークやワーケーションなどをはじめ、オフィス以外で働ける環境作りの整備に乗り出した。一部の企業はコロナ以前から働き方改革の一環として制度作りを進めていたものの、コロナによってその動きが一気に加速したとの見方もできる。

 いずれにしろ、コロナが収束してもオフィス以外でも働ける環境の需要は、一定数見込まれるのは間違いない。

●ビジネスコーナーとコンセントポールを整備

 JR東海は、駅構内や新幹線車内でもビジネスパーソンにとって働きやすい環境作りを進めている。9月以降、東京、名古屋、新大阪駅の一部の待合室に、半個室タイプのビジネスコーナーとコンセントポールを整備した。いずれも、無料で使うことができるようにしてある。コンセントポールは、空港の待合室では既に同様のものが設置されているのを知る人も少なくないだろう。

 半個室タイプのものは、木目調のテーブルにコンセントとUSBタイプの電源と照明、傘置きを備えている。東京駅に5席、名古屋駅に5席、新大阪駅に4席設置しており、JR東海によると、利用状況次第では席数を増やすことを検討しているという。コンセントポールは、東京駅に3箇所、名古屋駅に5箇所、新大阪駅に5箇所設置されている。

 10月からは、新幹線車内でも、働きやすい車内環境作りを進めている。「のぞみ」の7号車に「S Work車両」を設定し、この号車内ではモバイル端末などを気兼ねなく使用できるという取り組みだ。「S Work車両」のうち、N700Sという最新型車両に設定されているものに限り、膝上クッションや簡易衝立(ついたて)、USB充電器などといったツールを無料で貸し出している。

●ビジネスパーソン向け車両としての質を担保

 「S Work車両」の指定席券は駅の窓口などでは販売せず、JR東海の会員制のインターネット切符予約サービス「エクスプレス予約」「スマートEX」の専用商品として販売している。このため、一般の乗客が間違って「S Work車両」を予約することを防いでおり、ビジネスパーソン向け車両としての質を保っている。

 また、車内のインターネット環境の拡充も進めている。N700系以降の車内では、無料で使えるWi-Fiサービスとして「Shinkansen Free Wi-Fi」を設置しているものの、限られる通信容量を分け合うため、1回の接続あたりの利用時間が30分と限られていた。そのため、Wi-Fiのみによって車内でオンライン会議などをしようとしても、なかなか難しいところがあった。

 そこで、N700Sの7号車とグリーン車の8号車で、新たな無料Wi-Fiサービス「S Wi-Fi for Biz」を10月以降順次導入している。「Shinkansen Free Wi-Fi」にあった1回あたり30分という時間制限を撤廃した。また、これまで1両につき1台だったWi-Fiのアクセスポイントの設置台数を、7号車と8号車に限り2台増やし、より多くの通信容量を確保している。

 通信方法も「WPA2-PSK」方式という認証プログラムを導入しており、通信回線の暗号化にも配慮している。このため、例えば東京〜新大阪駅間の2時間30分の移動中の車内でオンライン会議をすることも十分に可能だ。

 東阪間で競合する公共交通手段としては飛行機があり、ANAやJALの機内では機内Wi-Fiサービスも導入されている。だが、飛行機の場合、衛星通信回線を使用する仕様上、大容量通信が困難であり、機内で動画の視聴すらままならない現状だ。

 飛行機での出張の場合、地上のラウンジなどで取引先訪問前の最終的な作業を済ませ、機内移動中は移動に専念するか、最小限の確認タスクに限られることになる。この点、新幹線であれば、貴重な労働時間を最大限有効に生かせる強みがある。

 このような「S Work車両」や「S Wi-Fi for Biz」を新たに導入した狙いは何か。本企画を推進したJR東海の新幹線鉄道事業本部・運輸営業部の中西康裕課長代理はこう話す。

 「新型コロナウイルスの感染拡大を契機に、テレワークやウェブ会議が急速に普及し、働く場所や時間を選ばない新しい働き方が広がっています。そうした中、新幹線車内で仕事を進めたいお客さまからは周囲の声が気になるといった声や、逆に仕事をされている周囲のお客さまからはパソコンの操作音が大きいなどといったご意見も一定数いただく状況でした」

●グリーン車に拡大する可能性も

 ビジネスを進める上でも、客室内での通話など周りの乗客への配慮が必要な場面もあることから、ビジネス向け車両の導入が必要となった。中西課長代理がこう続ける。 

 「このような背景もあり、新幹線車内で仕事を進めたいお客さまに特定の号車に集まっていただくことで、気兼ねなく仕事をしやすい環境を提供し、生産性向上などに役立てるのではないか。あるいは仕事をしないお客さまにとっても車内で過ごしやすい環境になるのではないかということを考え、東海道新幹線車内におけるビジネス環境を整備しました」

 JR東日本では同様の施策を「テレワーク車両」として検討しており、これまでに2回実証実験をした。東北・北海道新幹線の「はやぶさ」1号車を用いたもので、こちらはまだ本格導入には至っていない。その点、JR東海はJR東に先んじて正式導入した形だ。

 「S Work車両」は現状「のぞみ」の7号車のみ、「S Wi-Fi for Biz」搭載車両はN700Sの7、8号車の運用だ。JR東海によると、利用状況次第では今後増やしていくことも検討するという。「S Work車両」は現状普通車7号車のみの運用だが、新幹線車内で仕事する層がエグゼクティブ層に多いことが分かれば、8号車などグリーン車に拡大する可能性も考えられる。

 一方で、特に労働者目線で言えば、本来快適なはずの新幹線の移動中にまで職場同様の仕事をしないといけないのかという疑問の声もある。移動のあり方が問われる施策でもあるだけに、どこまで乗客に受け入れられるかが注目だ。

(フリーライター河嶌太郎)