不動産ビッグデータを活用しコンサルティングを行う、スタイルアクト(東京都中央区)は、運営する分譲マンション購入・売却検討者のセカンドオピニオンサイト「住まいサーフィン」にて、東京23区2022年度入園版の保育園に入りにくい駅ランキングを発表した。

 ワースト3駅は、いずれも昨年と順位は変わらず、ワースト1位は葛西駅(最大不足人数548人)、2位は西葛西駅(同494人)、3位は新小岩井駅(同447人)だった。

 1位の葛西駅は、都区部内で最も入りにくい駅ランキング4年連続のトップとなった。駅近隣の0歳児人口が、都区部全駅で1番多い651人の最大需要を有しているにもかかわらず、0歳児定員は103人と、昨年から増えていないことが分かった。

 西葛西駅は、0歳児人口の最大需要を536人有しているものの、0歳児定員は42人といだ少なく、昨年に引き続きワースト2位だった。

 ワースト3位は新小岩駅で、0歳児人口が615人と都区部で2番目の最大需要を有する駅であり、昨年と比較すると0歳児定員を約1.2%増やしているが、昨年に引き続き3位でのランクインとなった。

 全体的にみると婚姻数の減少などに伴い出生数も低下し、0歳人口は減少しているものの、0歳児定員数も減少しており大きな改善は見られなかった。

 行政区別では、ワースト1位が世田谷区(最大不足人数4717人)、次いで江戸川区(同4206人)、大田区(同4176人)と続いた。

 本調査は、2022年4月時に0歳児の保育所潜在需要がどの程度になるかを推計し、保育園に入所しにくい駅、しやすい駅を調査した。

 待機児童数は、「各駅の0歳児の人口」から「各駅の認可保育所を中心とし、区が定める基準を満たす保育サービスを提供する専用施設の0歳児定員」を引いて算出。待機児童数の潜在需要を把握するため、各行政区に対して町丁目毎の0歳児人口の調査を行い、0歳児人口の総数を最大需要と推計し、さらにそれらを駅単位で集計した。