マルハニチロは11月29日、家庭用冷凍食品の一部について、出荷価格を改定すると発表した。2022年2月1日納品分から、調理品は約2〜10%、農産品は約5〜23%値上げする。

 原材料の価格上昇に加え、原油価格の高騰により、包材費や燃料費などが増大。業務効率化や原材料の見直し、物流改善などを進めたが、「コスト吸収の限度を超える状況になった」(同社)としている。

 同様の理由で、冷凍食品の値上げが相次いでいる。ニチレイフーズも11月1日納品分から出荷価格を改定。家庭用の商品は約4〜8%、業務用は約3〜10%値上げした。

 テーブルマークも22年3月1日納品分から出荷価格を改める。家庭用は約5〜10%、業務用は約2〜10%の値上げになる見通しだ。

 日本水産(ニッスイ)も22年2月1日以降、ちくわなど家庭用すり身製品では約5〜13%、家庭用冷凍食品では約4〜13%、業務用冷凍食品では約1〜13%値上げするとしている。