ペッパーフードサービスは12月1日、同社が運営する「いきなり!ステーキ」のステーキ商品の値上げを発表した。同社は値上げの理由を「過去に例を見ない水準で牛肉の仕入れ価格が高騰しているため」としている。

 値上げの対象となるのは「ハンバーグとグリルチキン以外のステーキ商品」(広報担当)。値上げ幅は部位によって異なるため、一概には言えないとしたものの、最少値上げ幅は100グラム当たり66円値上げの「テンダーコンボ テンダーカットステーキ&グリルチキンステーキ」となっている。看板商品のワイルドステーキは、150グラム880円から1045円、200グラムは1133円から1408円になる。

 同社は値上げについて、ステーキの主要食材である牛肉の仕入価格の高騰が原因と説明。「新規メニューの導入、コストの削減等現行メニューの価格については維持できるように努めて参りましたが、おいしく安全な料理を引き続き提供すべく、止むを得ず主力ステーキメニューについて、販売価格の値上げをさせて頂きます」とコメントした。

 同社は20年12月にメニュー改定に伴い値上げを実施しており、今回は1年ぶりとなる。原材料の高騰による値上げはあるものの、定期的に期間限定の値下げセールを実施し、お客への還元を図っているという。

 同社はまた、値上げの告知が遅くなったことに対し「店頭告知含め、お知らせが遅くなりました事を重ねてお詫び申し上げます」と自社の公式Twitterアカウントを通じて謝罪した。