調査会社のoricon ME(東京都港区)は、全国の18〜84歳の男女を対象に、オリコン顧客満足度(R)調査「格安SIM/格安スマホランキング」を実施した。「格安SIM」の1位は「NUROモバイル」「mineo」(共に74.2点)、「格安スマホ」(SIM+端末セット)の1位は「イオンモバイル」(73.4点)だった。

 「格安SIM」の3位は「UQmobile」(71.8点)、「格安スマホ」の2位は「mineo」(69.5点)、3位は「IIJmio」(69.0点)だった。

●コスパの良さが評価された「NUROモバイル」「mineo」

 格安SIM部門での「NUROモバイル」の総合1位受賞は初で、8つの評価項目のうち、「初期設定のしやすさ」「コストパフォーマンス」の2項目で1位になった。とくに「初期設定のしやすさ」では、最も高い78.6点を獲得した。「プランがシンプルで分かりやすい。料金が格安な点も良い」(20代女性)、「月額利用料金が安い。データ繰越が翌月自動的に適用される点が良い」(40代女性)という声が聞かれた。

 「mineo」は2018年以来、1位は通算2度目の受賞となり、「加入手続き」「プランの充実度」「コストパフォーマンス」「サポートサービス」の4項目で1位だった。

 ユーザーからは「料金が安くてプランも分かりやすい。フリータンク(mineoユーザー全員でパケットをシェアしあえるサービス)、アプリのログインボーナスなど独自のサービスが面白い」(20代女性)、「ユーザー同士でパケットを分け合えるので、契約量以上のパケットを使える月が多い」(50代男性)という声が上がった。

 また、「つながりやすさ」と「保証サービス」の2項目で「UQmobile」が1位となり、総合で3位に入った。「付帯サービス」で1位を獲得した「Y!mobile」が総合7位に入った。

●9項目中8項目で1位の「イオンモバイル」

 格安スマホ部門では、「イオンモバイル」が、2年連続で通算3度目の総合1位を獲得した。9つの評価項目のうち、「加入手続き」「初期設定のしやすさ」「つながりやすさ」「プランの充実度」「コストパフォーマンス」「サポートサービス」「付帯サービス」「保証サービス」の8項目で1位に選ばれた。

 「料金が安いので通信に不安があったが、今までと変わらず早く替えればよかったと思った」(50代女性)、「イオンのお店でデータの移行など全部やってくれ、すぐ使えた。以前の料金の3分の2になった」(60代男性)という声が聞かれた。

 総合2位は、「格安SIM」の調査で総合1位になった「mineo」がランクイン。総合3位は「IIJmio」が入り、「端末のラインアップ」の項目で1位となった。

 今回の調査は、全国の18〜84歳の男女を対象にインターネットで行った。期間は21年7月9日〜9月21日、有効回答数は「格安SIM」調査が1760人、「格安スマホ」調査が1660人だった。