JR東日本ホテルズは、東京都港区にある「メズム東京、オートグラフ コレクション」の無料宿泊券の特典を付けた「開業2周年記念特別プラン」を100室限定で発売した。予約受付期間は5月31日まで。宿泊対象期間は4月20日から6月15日までとした。開業2周年を機に、再びホテル宿泊の機運を盛り上げる狙いがあるとみられる。

 プラン特典として後日利用できる1泊分の無料宿泊券と、プライベートサロン「クラブメズム」の利用、こだわりの食材を使用した朝食「メズム・ブレックファスト」を付けた。プラン料金は1室1人7万3370円から、1室2人8万6020円からとしている(いずれも税・サービス料込み)。

 また、4月27日の開業記念日当日に滞在する先着50人には、化粧品ブランドBULK HOMME、猿田彦珈琲、バスソルトブランドのNEHAN TOKYO、舞子の茶本舗などの人気商品を詰め合わせたスペシャルギフトを提供するという。多くの企業とコラボすることによって、ホテル宿泊に付加価値を付けたい考えだ。

 最近ではホテルに泊まりながらバカンス気分を味わう「ホテル」と「バカンス」の造語「ホカンス」が、若者を中心に盛り上がりつつある。もともと韓国で生まれた言葉ではあるものの、コロナ禍の日本でも新しい休暇の過ごし方としても注目されている。

●ワンランク上のイメージを訴求

 プラン特典として付けているクラブメズムは、開放的なテラスから臨むベイエリアの眺望と、さらにワンランク上の日本の「美」を感じられる空間を提供するプライベートサロンだ。浜離宮恩賜庭園や隅田川、東京都心を眺められるように設計されている。

 滞在中にクラブメズムを利用できるようにし、飲み物なども提供するという。大切な人との記念日の祝いや、前述したホカンス需要など、同社が目指すターゲットは明確だ。特別なひとときを演出することによって、売り上げをどこまで伸ばせるか。