PayPayで4月20日、運転免許証のICチップを利用した本人確認が可能になった。免許証の写真を撮る代わりに、スマホで非接触ICチップを読み取り、暗証番号を入力することで認証を行う。PayPayによるとキャッシュレス事業者としては初めて。Android版から提供し、iOS版でも近日中に開始予定としている。

 PayPayでは、残高の銀行口座出金やユーザー送金を利用する際に、本人確認を行っている。これまで運転免許証の写真撮影を利用した本人確認では、審査に3日から1週間程度の時間がかかっていた。ICチップを利用した場合、最短で当日に審査が完了する。

 なお、2021年11月にはマイナンバーカードのICチップを利用した本人確認も可能にしている。