gooランキングは、ドラマや映画で活躍する20代の俳優をテーマに「演技力が高いと思うのはどの俳優か」について調査を行い、1位は「菅田将暉」(124票)だった。 「神木隆之介」(114票)、「横浜流星」(71票)、「竹内涼真」(68票)、「吉沢亮」(65票)らがそれに続いた。

●“カメレオン俳優”の菅田将暉

 1位の菅田将暉さんは、雑誌のコンテストをきっかけに芸能界入りし、2009年に特撮ドラマ『仮面ライダーW』(テレビ朝日系)で主役として俳優デビューした。多彩な役をこなす演技力で、“カメレオン俳優”として高い評価を受けた。

 特撮ドラマでのブレーク後も、映画『共喰い』やドラマ『民王』(テレビ朝日系)で俳優としての評価を高め、18年には主演映画『あゝ、荒野 前篇』で「第41回 日本アカデミー賞」の最優秀主演男優賞を受賞した。現在放送中の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK)での怪演も話題となっている。17年から活動を始めた歌手活動でも数々のヒット曲を世に送り出すなど、マルチに活躍する俳優の1人である。

●声優としても人気の神木隆之介さん

 2位の神木隆之介さんは、2歳でテレビCMに出演し、子役デビュー。01年には劇場アニメ『千と千尋の神隠し』で声優デビューするなど、20代ながらも俳優・声優として長いキャリアを誇る。若手に成長してからも、主演映画『桐島、部活やめるってよ』をはじめとする数々の話題作に出演し、女優・柴咲コウさんとのW主演映画『ホリック xxxHOLiC』の公開も予定されている。17年には「第11回 声優アワード」で主演男優賞に輝くなど、声優としても人気である。

●雑誌モデル出身の横浜流星さん

 3位の横浜流星さんは、雑誌モデルを経て11年に俳優デビューした。14〜15年放送の特撮ドラマ『烈車戦隊トッキュウジャー』(テレビ朝日系)で戦隊メンバーのヒカリ役で注目を浴び、その後も16年には映画『全員、片思い/イブの贈り物』で主演を務めるなど順調に実績を重ねている。19年にはドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBSテレビ系)で女優・深田恭子さんの相手役としてブレークを果たした。22年10月には主演映画『線は、僕を描く』の公開も控えている。

 6位以下は「成田凌」「仲野太賀」(ともに55票)、「山崎賢人」「福士蒼汰」(ともに53票)、「新田真剣佑」(49票)の順だった。10位以下のランキングは運営元の公式Webサイトで公開している。

 調査は、20〜40代の男女を対象に、インターネットで行った。調査日は22年2月25日、有効回答数は500人。