相鉄グループは4月26日、2022年度の運輸業に総額170億円の設備投資を行うと発表した。内訳は、鉄道事業に164億円、バス事業に6億円だ。

●鉄道事業は164億円投資、詳細は?

 鉄道事業では、ホームドアの設置、線路の改良、相鉄・東急直通線用車両「21000系」の追加導入、海老名駅の駅舎建て替えなどを行う。

 ホームドアは、瀬谷駅(1・4番線)、三ツ境駅、南万騎が原駅、緑園都市駅、弥生台駅、いずみ野駅、いずみ中央駅の7駅に設置する予定だ。ホームドアはこれまで11駅に設置しており、継続して設置を進める方針となる。

 線路の改良としては、本線の軌道改良を前年度に引き続き行う。また、踏切事故や交通渋滞の解消のため、鶴ケ峰駅を含む上下線約2.1キロメートルを地下化する予定だ。この取り組みは横浜市の都市計画事業で、22年度下半期の工事着手を目指している。

 23年3月に開業を予定している相鉄・東急直通線用車両「21000系」は、3編成・24両を新たに導入する。「21000系」は全9編成を導入する計画で、前年度までに4編成が導入済みだ。

 海老名駅では、駅舎を建て替える。新駅舎では、北口と南口2階に新たな改札口を設け、ホームドアを設置、生活支援施設を新設する計画だ。22年度内では北口改札を新設する他、南口改札新設の準備工事や新駅舎構築などを予定している。この工事は、鉄道駅総合改善事業を活用して実施している。

●バス事業は4億円投資、詳細は?

 バス事業では、新たな乗合バスを19両導入する。

 新車両のうち、18両は「ドライバー異常時対応システム(EDSS)」を備えた。同システムは、運転士に異常が発生した場合、運転席と客席最前部に設置した非常ボタンにより車両を緊急停止できる安全装置だ。作動時には、警告灯ハザードとクラックションによる乗客と周囲への報知、システムから営業所への異常発生の伝達を行う。