海賊版漫画サイトの筆頭となっていた「漫画村」。『週刊少年ジャンプ』『マガジン』『サンデー』『チャンピオン』をはじめとした漫画雑誌の最新号が、発売前にタダで読めた違法サイトだ。2017年ごろから話題を集め、18年に入ると政府が本格的な対応を開始。同年4月に閉鎖された。

 この動きには、2月に日本漫画家協会が声明を発表し、いち早く国会を動かした背景がある。この漫画家サイドで中心的な動きを果たしたのが、同協会で常務理事を務める漫画家の赤松健さん(53)だ。赤松さんは『ラブひな』『魔法先生ネギま!』などの代表作で知られる。連載した漫画作品の多くがテレビアニメ化もされている人気作家だ。自著のコミックス発行部数は全世界で累計5000万部を超える。

 そんな赤松さんは、3月に東京・秋葉原に事務所を開設し、自身のプロフィール展を開いている。事務所では、アーカイビングの重要性を伝えるために赤松さんの描いた漫画原画を展示するほか、クリエイター自身が声を上げコンテンツ産業を守り育てるという赤松さんの取り組みを伝えている。

 「漫画村」閉鎖以後も、海賊版サイトが完全になくなったわけではない。「漫画村」以後の漫画海賊版ビジネスの現状や、電子化に代表される漫画業界の課題を聞いた。(河嶌太郎、アイティメディア今野大一)

●億単位の利益あげる海賊版ビジネス

――漫画の海賊版ビジネスの現状について教えてください。

 違法アップロードされた漫画データを扱ったサイトとして、「リーチサイト」というものがあります。このリーチサイト自体には違法データ自体はなくて、違法データのアップロード先のURLがそこにずらーっと並んでいるわけなんですね。

 このリーチサイト自体には海賊版のデータはないわけですから、それまでは著作権者側は、法的には手も足も出せなかったんですよ。こうした状態が10年ぐらい続いていて、特に出版社は悔しがっていました。ところがこのリーチサイトへの規制が令和2年(2020年)の10月に、著作権法改正によって違法サイト化されました。

 このように、今の段階で法律でコントロールできそうなところはすでに対応しています。

――このリーチサイトは、どういう収益構造となっていたのでしょうか。

 リーチサイト自体の広告収益もありますが、一番大きいのは、実は有料プレミアム会員の会費です。違法データが格納されている先のサイトの収益ですね。違法データは「サイバーロッカー」と呼ばれるストレージサービスにアップロードされているのですが、これは普段われわれが使うようなストレージサービスとは違うサイトになっています。

 そこは無料会員でもデータをダウンロードできるのですが、低速のため一度に1ファイルしか落とせなかったり、大容量のものはダウンロードできなかったりします。そこで、有料のプレミアム会員になれば、高速で一度に複数のファイルをダウンロードできるようになるというビジネスモデルですね。これだけで億単位の利益をあげている状態にありました。

●静止画だと違法にはならない

――このリーチサイト違法化によって、漫画海賊版の現状は改善したのでしょうか。 

 その漫画の違法データをまるまるダウンロードするのは駄目になったんですけど、ブラウザで閲覧するだけのものはまだ違法になっていない状況です。ブラウザでユーザーが違法アップロードしたデータを読むのは、キャッシュは残りますけど、基本的にダウンロードはしていないわけです。つまりこれは合法なんですよ。もちろんデータをアップロードした人は有罪ですけど、見てしまったという人を罰することは難しいのです。

 またダウンロードの場合、漫画ではなく、動画とか音楽だと違法なんですよね。海賊版だと知りながらダウンロードすれば、著作権法違反になります。でも、静止画だと違法にはならないのです。

――動画や音楽と違って、静止画の場合は勝手にブラウザに表示されることもあり得ますよね。

 20年の著作権法改正が議論されていた時に文化庁が出してきた案は、この静止画の表示や、ブラウザのスクリーンショットを取るのも違法になるというものでした。他にも、誰かが描いた二次創作物の絵をファンが保存するのもダメという非常に厳しいものだったんです。ただ、さすがにこれだと国民生活が成り立ちません。

 この法案は通称「スクリーンショット違法化」とも言われていましたが、これに対して漫画家が、「われわれ漫画家を守るために、そんなに厳しい法律を作るのはやめてほしい」と主張したんですよ。そしたら国会議員はびっくりしたそうなんですね。

 その後この法案は、総務会から部会に戻す形で再度審議されることになり、後に私も議論に加わりました。結果、海賊版はたたく一方、二次創作の絵をダウンロードするぐらいならば許容する形にして、今の著作権法改正に至ります。

――でも結果的には、ブラウザで表示する抜け道は残ってしまっているわけですよね。

 ストリーミング型のブラウザ閲覧方式のサイトは規制から漏れています。でも、これを規制すると、実は海賊版以外のものも見られなくなってしまうんです。だからそこは難しいところなんですけど、代わりに私は漫画村の広告代理店訴訟というのをやったんですよ。海賊版サイトに広告を出していた広告代理店を訴えた訴訟なのですが、広告が出せなくなってしまえば収益が断たれるわけですから、いわば“兵糧攻め”の考え方ですね。

 ちなみに、政府にはサイトブロッキングといって、海賊版サイトにユーザーがアクセスしようとすると、プロバイダーがそれを検知し、ブロックしてアクセスできなくなるようにしたいという思惑があるようなんです。中国では既にやっているんですが、これは日本だと大きな問題があります。プロバイダーがユーザーの動きを監視するわけですから、「通信の秘密」を侵害してしまうんです。これはちょっとやり過ぎだと考えています。なので、漫画家協会としてはサイトブロッキングまでは求めていないのです。こういうのは政治利用されるリスクもありますから。

――ただ、こういう状態は、いたちごっちになってしまう部分もあると思います。

 同じデータである電子書籍との区別をつけるために、「ABJマーク」という公式な許諾をつけています。この「ABJマーク」がないデータは海賊版です。あと、「漫画村」をきっかけに多くのメディアが海賊版被害について取り上げてくれました。

 これによって、多くの読者の意識の中で、「海賊版を読むと作家が生活できなくなっちゃって次回作を作れないよね。やっぱ正規版を読まなくちゃね」という理解がかなり進んできたように思います。このように、人々の意識が変わっていくことも大事だと思います。

●スマホで漫画を読む習慣が広まった

――漫画村の功罪の中で、数少ない功を強いて挙げるとすれば、もちろん違法ではあるけれど、スマホで漫画を読む習慣が広まった面はあると思います。オフィシャルな月額課金のサービスで、漫画村のようにいろいろな漫画が電子で読めるサイトができれば、一気にユーザーがそこに移行したのかなとも思うのですが、そうはなりませんでした。

 そういう話は確かにありました。漫画村が読者側にとって便利だった点として、『ジャンプ』『サンデー』『マガジン』『チャンピオン』などの作品が全て一つのサイトで読める出版社横断だった点がありました。

 確かに出版社横断で、サブスクの月額課金で漫画が読み放題なサイトができたら、かなりの需要があると思います。ただ、現状は『ジャンプ』や『マガジン』でも、それぞれの出版社で作家を囲い込み、その作家の知的財産を独占しようとする動きがあります。なので、全出版社横断でサブスクというのは夢ではあるものの、現実にはなかなか難しいですね。

――漫画に対し、アニメのほうはdアニメストアやAmazonプライム・ビデオなど、一つのサービスで多くの作品を配信しています。

 漫画は権利者が作家一人なので、その作家を抱える出版社にどうしても左右されてしまいます。その点アニメは基本的に出資した複数の企業が権利を持っていますから、そういうドラスチックな展開がやりやすい面があります。

 ただ、作品の中身でいえば、漫画は設備投資がそれほど必要なく、少ないコストでいろいろな実験ができるので、意欲的なヒット作が生まれやすい面があります。アニメは製作に資本が必要なので、なかなか挑戦的な作品を作りづらい部分がありますね。

――昨今では漫画の電子書籍の売り上げも上がってきていると思いますが、どのように見ていますか。

 メジャー少年誌では紙の売り上げが圧倒的でした。理由は簡単で、電子書籍を買うにはクレジットカードが必要ですが、子どもはクレカを持てないですよね。だから電子書籍で読みたくても買えない背景がありました。最近は、少子化も進み、大人向けの漫画も増えましたから、電子書籍の方が紙の売り上げを上回りました。

●新人作家は電子書籍しか出さないケースがほとんど

――漫画家には雑誌連載時の原稿料の他に、単行本化された際の本の印税と、電子書籍の配信の収益という両方があると思います。このバランスはどのようになっているのですか。

 紙の単行本の場合は、基本的には刷った部数の10%が印税として作家に入る仕組みになっています。刷った分で発生するので、それが売れなくても漫画家にはお金が入るわけです。ですから、出版社がかなりのリスクを負っているんですよね。だから少なめに刷るか、多めに刷るかは非常に重要な問題になります。

 この点、電子書籍に関しては読まれた分しか作家にお金は入りません。もともと紙が売れるような作家さんは電子もすごく売れるので、さほど問題はないのです。実は、今の新人作家は、出版社に不利な紙の単行本を出さず、電子書籍しか出さないというケースがほとんどなのです。

――若手漫画家の収益が電子書籍の実売ベースというのは、以前よりも厳しい状況に置かれているというわけですね。

 売れた数だけというのは正直厳しいなと思いますよ。あと、電子書籍は紙のものと違ってスキャンして取り込む手間がかかりませんから、海賊版の被害をもろに受けます。電子書籍版がヒットして紙の単行本が発売される場合もあるものの、既に電子海賊版を読んだ人が、あとで紙のものを買いたいというケースは基本的にないですよね。

――海賊版の被害や、電子書籍の普及によって、若手作家が以前より厳しい状況に置かれがちな点など、多くの問題があると思います。今後どういう活動を続けていく考えですか。

 私以外にも国会などに出てこうした問題を説明できる漫画家がいればいいのですが、それが苦手な漫画家が多いのが現状です。また、現役で人気のある漫画家には、創作活動に集中してほしいと思っています。これまで私は海賊版をはじめとする著作権関連や、表現規制関連の問題を10年以上担当してきましたが、表現規制にしても、海外からの外圧を一方的にのもうとしてしまう動きもあります。

 日本独自の表現文化を守るためにも、また漫画家の立場を守っていくためにも、表現文化の素晴らしさや問題を自分の言葉で訴えていきたいですね。