学生服や体操服などを手掛ける菅公学生服(岡山市)は、学校の先生が考える「学校制服の必要性」について調査した。その結果、中学高校ともに「制服はあったほうがよい」と回答した人は約8割で、その理由として「毎日の服装に悩まなくていい」「経済的である」などが挙げられた。

 制服の必要性について、中学校は「あったほうがよい」(40.1%)と「どちらかと言えば、あったほうがよい」(43.6%)を合わせて、83.7%が学校制服は必要だと回答。高校は「あったほうがよい」(40.6%)と「どちらかと言えば、あったほうがよい」(39.7%)を合わせると、80.3%が学校制服は必要だと回答した。

 中学校・高校の先生が思う学校制服の良い点1位は、「毎日の服装に悩まなくていい」(中学校70.9%、高校69.6%)。次いで「経済的である(私服を沢山買わなくていい)」(55.7%、50.4%)、「服装による個人差がでなくていい(平等である)」(50.3%、42.3%)といった経済性や平等性が挙げられた。

●学校制服に必要なこと

 学校制服に必要だと思う点は、中学校は「動きやすさ」(59.9%)、高校は「丈夫さ・耐久性」(60.0%)が各1位で、大きな差は見られなかった。

 以下「家庭で洗濯できる」(中学校53.0%、高校44.0%)、「着心地・肌触りの良さ」(46.9%、47.9%)、「汚れにくい・汚れが目立たない」(37.4%、35.0%)、「暑さ寒さに対応して快適である」(38.3%、29.3%)などが続いた。

 近年は性の多様性の観点から女子制服にスラックスを導入する学校も増えているが、教師はどう考えているのだろうか。性の多様性への配慮で必要なこととして、「性別にかかわらず着たい制服が選べる」(中学校25.1%、高校21.3%)、「男女が同じスタイル(ジェンダーレス制服)である」(14.1%、8.9%)といった回答も見られた。

 調査は2021年6月、インターネット上で実施。全国の中学校、高校の教員1400人を対象とした。