最近話題となっている「週休3日」。海外で導入が広がりつつある制度で、国内でもパナソニックや日立製作所が導入する方針を明らかにしている。日本で働く方たちはどのように感じているのか――。NEXER(東京都豊島区)が運営する日本トレンドリサーチが、就業中の550人を対象に「週休3日制に関するアンケート」を実施したところ、64.9%が自社で導入された場合は「利用してみたい」と回答した。

 職場に「週休3日制」が導入されているか尋ねたところ、95.3%が「導入されていない」と回答した。また、「導入されている」と答えた26人中25人が、制度を「利用している」と答えた。

 利用している理由は、「ワークライフバランスに適しているから」(人材派遣業/30代・男性)、「結婚しているので適度に働きたい」(ピアノ講師/50代・女性)などがあがった。一方で、「利用していない」とした人の理由では「もっと稼ぎたい」(物流・配送/50代・男性)という声もあった。

 週休3日制が「導入されていない」と回答した524人に、制度が導入されたら利用したいか聞いたところ、64.9%が「利用したい」と回答した。年代別では、70代以上は「利用したくない」が半数を超えたが、他の年代では「利用したい」が多数派となった。特に30代以下では77.6%が「利用したい」と回答し、他の年代よりも多い結果となった。

 利用したい理由を尋ねると、「ワークライフバランスの観点から、プライベートの時間をもっと充実させたい」(60代・男性)、「休みが多いほうがパフォーマンスが上がるから」(20代・男性)、「育児と家事の時間が多く取れる」(50代・男性)などのコメントが寄せられた。

 一方で、「利用したくない」とした理由については、「給料が減る」(30代・女性)、「業務が終わらないと思う」(50代・男性)、「休みが多いと働きたくなくなるので」(20代・女性)といった意見が集まった。

 「週休3日制」のメリットは、「しっかり体を休めることができる」(40代・女性)、「副業や資格取得ができる」(40代・女性)、「育児や介護など家庭の事情がある人が働きやすい」(50代・女性)など、仕事とプライベートの充実に関数する声が多く見られた。

 一方デメリットは、「収入が下がる可能性が濃厚」(30代・男性)、「一日の労働時間が増えること」(40代・男性)といった給与の減少や就労時間が増えることに対する意見があがった。

 調査は4月19〜25日に実施。就業中の全国の男女550人(30代以下・40代・50代・60代・70代以上 各年代110名)を対象とした。