ローソンは「SOY365(ソイエブリデイ)フェア」を開催し、大豆を使用した麺類・デリカ・ベーカリーなどの商品を合計14品発売する。コロナ禍で高まった健康志向に応えていく。5月10日から首都圏のナチュラルローソン店舗で実施。

 大豆は「低糖質」「高たんぱく」な食材として需要が高まっている。ナチュラルローソンでは2020年4月から、豆腐に圧力をかけて脱水し、乾燥させた「豆腐干」を使用した商品を発売しており、30〜50代の女性に好評だという。

 今回発売する「ソイキーマカレー」(535円)は大豆ミートを使用し、トマトソースとダイストマトをベースに、スパイシー感のある味に仕上げた。ブロッコリー・ペペローニをトッピングし、玉子で味に変化を付けられるようにした。

 「豆腐干を使った韓国風辛焼そば」(495円)は麺の一部に豆腐干を使用した韓国風のピリ辛焼そば。「湯葉の明太豆乳温そうめん」(505円)は湯葉ときぬさやをトッピングした明太豆乳仕立ての温そうめんだ。

 「トルティーヤ チリコンカン」(330円)は、チリコンカンのひき肉を大豆ミートに置き換え、赤インゲン豆、ひよこ豆も使用した。

 ブランパンに大豆粉をブレンドした生地を使用した新シリーズのパンも発売する。

 「+SOY タコスミート風(大豆ミート使用)」(180円)は大豆ミートを使用したボロネーゼソースに、ドライトマトを入れ、表面にはパルメザンチーズをトッピングした。「ブランのMCT入りきなこコッペ」(150円)はブランコッペにサクサクとした食感のほんのり甘いきなこクリームを挟んだ。

 コンビニ業界では、セブン-イレブン・ジャパンが食物繊維が豊富に摂取できるサンドイッチを販売したり、健康志向のサイダーを強化するなど、健康配慮型の商品強化が加速している。